スポンサード・リンク

(´・ω・`)肩関節と機能解剖の話

2016年9月23日 0

(=_=)題名:肩関節と機能解剖の話 ●はじめに 肩の痛みを考えるうえでまず基本となるのは、肩関節の機能解剖の基本的な知識である。これなくして、痛みの発生部位や機能障害の原因を突き止めることはできない […]

(p^-^)p小児白血病患児の話

2016年9月23日 0

(*^。^*)題名:小児白血病患児の話  小児期の悪性腫瘍のなかで最も発生頻度が高く、年間1000人の発症がある。発症のメカニズムについては、癌遺伝子についての研究が進んでいる。急性白血病の80%は、 […]

(* ̄∇ ̄*)除脳固縮の話

2016年9月21日 0

( *´艸`)題名:除脳固縮の話 動物の脳幹を中脳と橋の間で切断すると、四肢の伸筋と頸筋などの緊張が高まって四肢を硬く伸ばし、頸を立てた姿勢をとる。 支えてやると立つことも出来る。 この状態を除脳固縮 […]

(#^.^#)筋肉と骨格筋の話

2016年9月21日 0

((+_+))題名:筋肉と骨格筋の話 骨格筋(Skeletal muscle) 平滑筋(Smooth muscle) 心筋 (Cardiac muscle)   ・人体には400個あまりの骨 […]

(≡^∇^≡)大腿骨骨幹部骨折の話

2016年9月20日 0

(^_-)題名:大腿骨骨幹部骨折の話 ●概念 本骨折には、病的骨折を除けば強力な外力が加わってのみ生じる。   ●頻度 Ⅰ.強力な外力によるもの ・通常は青壮年や小児の交通事故や、高所からの […]

(。-∀-)孔の話

2016年9月9日 0

( *´艸`)題名:孔の話 孔:血管、神経、靭帯などが通る開口部である。 内頭蓋底は前頭蓋窩、中頭蓋窩、後頭蓋窩の3つのかに分けられる。 前頭蓋窩は眼窩の天井にあたる部分で、3つの頭蓋窩のなかで最も高 […]

(o⌒∇⌒o)背部と筋の話

2016年9月9日 0

(・_・;)題名:背部と筋の話 胸最長筋 起始:胸腰筋膜 L1-L5脊椎(横突起と副突起) 付着:T1-T12脊椎(横突起) 第2から第12肋骨(肋骨結節と肋骨角の間) 機能:脊柱の伸展 脊柱の同側へ […]

( ・∇・)頚髄損傷と合併症の話

2016年9月6日 0

(^_-)題名:頚髄損傷と合併症の話 1)褥瘡 褥瘡は脊髄損傷に最もみられる合併症であり、尿路障害とともにリハビリテーションの最大阻害因子となり、ときには敗血、骨髄炎、関節炎、アミロイドーシスなどの原 […]

(T_T)肩関節水平屈曲と主動作筋の話

2016年9月6日 0

( ^)o(^ )題名:肩関節水平屈曲と主動作筋の話 肩関節の水平屈曲 (0~135°)   主動作筋 ●三角筋(前部) ●大胸筋(鎖骨・胸腹部) ●烏口腕筋 ●肩甲下筋   三角 […]

(´・ω・`)感覚と大脳機能局在の話

2016年8月26日 0

(#^.^#)題名:感覚と大脳機能局在の話 前頭葉 ●中心溝から前の部分で、4、6、8野は運動機能に関係する。 ●4野は運動野で、ここにあるBetzの大錐体細胞に発する遠心性繊維は垂体路と呼ばれる。 […]

(;つД`)切迫早産の話

2016年8月26日 0

(+_+)題名:切迫早産の話 妊娠22週0日から妊娠36週6日までの分娩を早産といい、早産の危険性のある状態を切迫早産という。 ●病態アセスメント 早産の原因として因果関係が明らかにされているものはほ […]

(/o\)痴呆と臨床症候の話

2016年8月19日 0

( ☆∀☆)題名:痴呆と臨床症候の話 痴呆の臨床症候 老年期痴呆の症候は、中核症状と周辺症状に分けて考慮することが、治療などを考える意味において必要である。 A.痴呆の中核症状 痴呆の中核症状として下 […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ脊髄と伝導路の話

2016年8月19日 0

(^o^)題名:脊髄と伝導路の話 運動性(下行性)伝導路 錐体路に属するもので脊髄を下行する伝導路:随意運動 外側皮質脊髄路(錐体側索路) 線維は終脳(大脳半球)皮質からおこり、延髄の錐体を通り錐体交 […]

(*^_^*)エリクソンの話

2016年7月23日 0

(^◇^)題名:エリクソンの話 精神分析科学者 日本では、1970年以降、とくに青年期に関する自我同一性(アイデンティティ)という概念を中心に、彼の理論が広く受け入れられてきている。 アイデンティティ […]

(*^¬^*)頚髄損傷とADLの話

2016年7月23日 0

(*´з`)題名:頚髄損傷とADLの話 1)食事動作 人間が生命を維持するための基本的動作であり、急性期より可能な限り早く自立をはからなくてはならない。たとえ箸の使用が困難なレベルであっても、特徴的な […]

(´д`|||)尺骨神経麻痺の話

2016年7月21日 0

( 一一)題名:尺骨神経麻痺の話 ●原因 開放創が多い。上腕骨顆上骨折や内上顆骨折などの骨折に合併する非開放性損傷もある。 絞扼性神経障害・・・肘部管症候群 (遅発性尺骨神経麻痺) 尺骨神経症候群(G […]

( ´△`)自閉症と類似疾患の話

2016年7月21日 0

(@_@;)題名:自閉症と類似疾患の話 ①知的障害 コミュニケーション障害 コミュニケーション困難には反応に乏しい場合と逆によく喋る割りに理解が乏しい場合がある。 言語による会話、サインやシンボルによ […]

(≡^∇^≡)手根管の話

2016年7月21日 0

( *´艸`)題名:手根管の話 屈筋支帯と手根骨(大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨・豆状骨)によって1つの管が形成されるが、これを手根管とよぶ。 手根管は中隔(大菱形骨に至る)によって橈側の小管と尺 […]

(〃ω〃)感染症と対策の話

2016年7月5日 0

( ;∀;)題名:感染症と対策の話 ●感染症とは ウイルスや最近などの病原体が宿主(ヒトや動物)の体内に侵入して、臓器や組織のなかで発育または増殖することを感染という。感染によって、宿主に発熱、下痢、 […]

(@_@;)ロコモティブシンドロームの話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:ロコモティブシンドロームの話 日本整形外科学会では運動器の機能不全のみならず運動器障害による要介護の状態や要介護リスクの高い状態を表す概念として「ロコモティブシンドローム(運動器症候 […]

(^_-)大腿骨頸部骨折と栄養の話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:大腿骨頸部骨折と栄養の話 大腿骨頸部骨折の問題点は、骨折後の安静臥床中に心身機能の低下を引き起こし、退院時までに歩行が自立できず、要介護状態に陥るリスクが高い。 効率的に歩行能力を回 […]

(^^)d血液検査の話

2016年5月4日 0

(・.・;)題名:血液検査の話 ●技術の概要 血液は、細胞成分である血球と、液体成分である血漿からなり、酸素や二酸化炭素、栄養素、ホルモン、老廃物などを運搬する役割を担っている。血球は骨髄でつくられ、 […]

(*^.^*)躁うつ病と気分障害の話

2016年4月17日 0

(@_@;)題名:躁うつ病と気分障害の話 躁うつ病は気分障害ともいい、躁状態と抑うつ状態の2病相が交互に繰り返される双極性と、うつ病相を繰り返す単極性がある。多くは欠陥を残さず社会生活が可能であるが、 […]

(*≧∀≦*)速筋繊維と遅筋繊維の話

2016年4月17日 0

(^ム^)題名:速筋繊維と遅筋繊維の話 人の筋肉は速筋繊維fast twitch fiberと遅筋繊維slow twitch fiberからなる。 骨格筋はⅠ型Ⅱa型、Ⅱb型に分類され人の速筋繊維はⅡ […]

o(^o^)o脳波検査の話

2016年4月14日 0

(#^^#)題名:脳波検査の話 1)検査の意義と方法 (1)意義 脳の電気的活動を頭皮上から増幅して記録する検査法で、外部からの刺激に対する変化あるいは、薬剤に対する変化を調べる。脳の病変が疑われると […]

(^∇^)泌尿器疾患と手術の話

2016年4月11日 0

(・.・;)題名:泌尿器疾患と手術の話 ここでは代表的な泌尿器科手術である膀胱腫瘍と前立腺肥大症に対する手術を中心に述べる。 ■術前の検査 診断検査と手術準備のための検査に分けられる。 1)一般術前検 […]

O(≧∇≦)O血液腹膜透析と適応疾患状態の話

2016年4月11日 0

(^J^)題名:血液腹膜透析と適応疾患状態の話 ●透析導入基準 保存的治療では、改善できない慢性腎機能障害、臨床症状、日常生活能の障害を呈し、以下のⅠ~Ⅲ項目の合計点数が原則として、60点以上になった […]

(≧▽≦)液体窒素療法の話

2016年4月11日 0

(*’ω’*)題名:液体窒素療法の話 1.治療の目的 病変組織を超低温(-60~-200℃)に作用させ、凍結破壊させることを目的とする。自己免疫を促進し、免疫反応による組織壊死 […]

(“⌒∇⌒”)慢性関節リウマチと特徴の話

2016年3月20日 0

( `ー´)ノ題名:慢性関節リウマチと特徴の話 ・概念 慢性関節リウマチ(RA)は全身の関節を中心とする慢性炎症性疾患で自己免疫現象が病態に深く関与している。 男女比は1:4で女性に多く、年齢は20~ […]

(T△T)脊椎圧迫骨折と安静臥床の話

2016年3月19日 0

(*ノ▽ノ)題名:脊椎圧迫骨折と安静臥床の話 近年の高齢化に伴い、脊椎圧迫骨折患者は増加傾向を示している。 これは、骨粗鬆症患者が1,200万人ともいわれ加齢に伴う易転倒性により脆弱性骨折が増加してい […]

(* ̄∇ ̄)ノ栄養と身体測定の話

2016年3月15日 0

(。^。^。)題名:栄養と身体測定の話 高 齢者で栄養障害をもつ頻度は意外に多く、いわゆるタンパク質の欠乏とエネルギーの欠乏が複合して起こるProtein-Energy Malnutrition(PE […]

1 2 3 47