スポンサード・リンク

(/・ω・)/脳と高次機能の話

2017年7月31日 0

(1)脳波と睡眠   1)脳波 大脳皮質の活動レベル(意識レベル)は、頭皮上の決められた部位に接着した電極から振幅数十μV(マイクロボルト)の脳波(EEG)として記録することができる。 &n […]

(*^。^*)脳神経と構造機能の話

2017年7月31日 0

(1)脳神経の構造   嗅神経(Ⅰ) 嗅覚を伝える(特殊感覚性)。 鼻腔上部の鼻粘膜の感覚細胞から出る多数の神経線維が、頭蓋底(前頭蓋窩)の篩板を貫いて頭蓋腔にはいり、嗅球(終脳前部)に終わ […]

d(⌒ー⌒)!起居移動動作と回復の話

2017年7月11日 0

A.臥位から座位へ 1.臥床姿勢 将来の日常機能を考慮した良肢位の保持を心掛ける。良肢位とは機能的肢位と同義であり、仮に関節の拘縮を生じたとしても、日常生活動作を遂行する上で機能障害が最小にとどまる肢 […]

(*^ー^)ノ♪抗重力機構の話

2017年7月1日 0

重力に抗して立位姿勢を保持する機構を抗重力機構、そのために働く筋群を抗重力筋という。 抗重力筋のうち、身体の前面に位置するのは前脛骨筋、大腿四頭筋、腹筋群、腸腰筋、頸部屈筋群であり、後面に位置するのは […]

( ;∀;)大腿部と筋の話

2017年7月1日 0

腸骨筋 起始:腸骨(腸骨窩の上方2/3) 腸骨稜(内唇) 前仙腸靱帯と腸腰靱帯 仙骨(外側) 付着:大腿骨(大腰筋の腱付着部を介して小転子へ、さらに小転子より下の大腿骨幹) 機能:股関節屈曲 大腿骨に […]

(゜▽゜*)骨肉腫の話

2017年7月1日 0

 原発性骨悪性腫瘍中で最も多く見られるが、全国でも年間200例前後しか新たな症例の発生はないため、専門的施設での治療を要するまれな腫瘍である。好発年齢は、10歳代が最も多く、とくに15~19歳に好発す […]

(*´ー`*)乳癌検診の話

2017年6月21日 0

■目的 乳がんによる女性の死亡数は急速に増加しており、将来は女性の悪性新生物罹患率の第1位を占めるものと予測されている。また、乳がんは自己検診が可能ながんであり、その方法と乳がんに関する正しい知識の啓 […]

(///∇///)リンパ管の話

2017年6月21日 0

リンパ管には、静脈に見られるような弁が極めて多く発達し、これによってリンパの逆流が防がれている。 身体各部のリンパ管は、次第に合流し、最後に静脈に注ぐ。 静脈に注ぐリンパ管の幹をリンパ本幹といい次の本 […]

(゜ロ゜)甲状腺機能亢進症の話

2017年6月21日 0

甲状腺で過剰に甲状腺ホルモンが生成され、それが血中に分泌されることにより体内の代謝が亢進し、いろいろな臨床症状が生じた状態である。この疾患は糖尿病についで多く、女性は男性の4~5倍かかりやすく、思春期 […]

(*^.^*)気管支炎と看護の話

2017年6月10日 0

<病態・原因> *気管・気管支の急性炎症 *感染、刺激性物質の吸引、感冒に続発する病原微生物による感染 *ウイルス:パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルス、ライノウイルス、ア […]

(#^.^#)股関節内旋の話

2017年5月27日 0

股関節の内旋 (0~45°)外旋・内旋の可動域は、股jt屈曲位では、靭帯の緊張による制限が除かれるので可動域は大きくなる。   主動作筋 ●小殿筋 補助筋 ●半腱様筋 ●半膜様筋 ●中殿筋 […]

ヽ(^。^)ノ高血圧の話

2017年5月27日 0

 収縮期と拡張期の血圧が上昇する動脈系小血管の異常状態である。世界保健機構(WHO)の基準では高血圧とは収縮期血圧が160㎜Hg以上、拡張期血圧が95㎜Hg以上のものと定義されている。(血圧にかなり個 […]

(*^O^*)放射線療法と骨転移患者の話

2017年5月27日 0

適応  悪性腫瘍の骨転移の治療の主目的は疼痛の緩和、病的骨折・麻痺の予防、日常生活[ADL]の維持であり治療法は対症療法として放射線治療、整形外科治療、化学療法、内分泌療法が種々の組み合わせで行われる […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ肺呼吸機能検査の話

2017年5月22日 0

1)検査の意義と方法 肺機能検査を行うにあたり、その信頼性は被検者の理解度、協力度、検者の熟達度に依っていることを十分考慮しなければならない。 ・肺機能検査の目的 ①臨床的に明らかでない時点の呼吸器障 […]

(* ̄∇ ̄)ノ平衡機能検査の話

2017年5月22日 0

■検査の目的: 身体の位置や運動を正しく判断し、その迅速な変化にも対処できるのは、平衡機能が正常であることによるが、これは内耳のはたらきだけによってなされるのではない。視覚や深部知覚からも情報を受け、 […]

(ノ_・。)肩関節内旋と主動作筋の話

2017年5月13日 0

肩関節の内旋 (0~80°)主動作筋 ●肩甲下筋 ●大円筋 補助筋 ●三角筋(前部) ●大胸筋(鎖骨部) ●大胸筋(胸腹部) ●広背筋   肩甲下筋 起始:肩甲骨の肩甲下窩・肩甲下筋膜 停止 […]

(。-∀-)手術療法の話

2017年5月13日 0

●手術を受ける患者の特徴: (1)肺がんである場合は、腫瘍が占めた部位によって、無症状からせき、たん、血痰、発熱、胸痛、呼吸困難など、さまざまな症状を示す。臨床症状を自覚せずに過ごしてきた人にとっては […]

(^_^;)糖尿病の話

2017年5月13日 0

●発生機序 膵臓のランゲルハンス島のβ細胞からのインスリン分泌の欠乏や、その作用の低下(感受性低下)によって、糖質・脂質・蛋白質の代謝が障害されて、利用されないブドウ糖が血中に増加して高血糖状態となり […]

(。^。^。)前立腺癌の話

2017年5月10日 0

前立腺癌とは  60歳以上の高齢者に多く、欧米においては男性の悪性腫瘍中最も多い腫瘍の1つとされている。日本でも近年増加の傾向にある。癌は前立腺後葉に好発し外腺から発生する。また次第に増大し、内周域や […]

ヾ(*’-‘*)肺癌の話

2017年5月10日 0

 肺癌は気管、気管支、肺胞の細胞が正常の機能を失い、無秩序に増えることにより発生する悪性腫瘍の総称である。一般に40代以降に多く、男女比はおよそ3~4:1である。初期には症状が現れにくく、また肺の血流 […]

(´・c_・`)痛風の話

2017年5月10日 0

●痛風とは 体内の尿酸値が高くなり、主に関節に異常が現れ、激しい痛みが起こる病気です。 痛風が進行すると、脳・心臓・腎臓などに悪影響を及ぼします。痛風を避けるためには、食生活や日常生活の改善が効果的と […]

(@_@;)METSの話

2017年4月26日 0

職 業 レクリエーション 0.8 METS 1.0METS 1.5~2METS 2~3METS 3~4METS 4~5METS 5~6METS 6~7METS 7~8METS 8~9METS 10ME […]

(o^-^o)肩甲骨屈曲(外転)と主動作筋の話

2017年4月26日 0

肩甲骨の屈曲(外転) (0~20°)   主動作筋 ●前鋸筋 ●小胸筋   前鋸筋 起始:第1~8(9)肋骨前外側面 停止:肩甲骨上角・内側縁・下角 作用:肩甲骨を前方へ引く。外転 […]

(^◇^)前腕部と筋の話

2017年4月26日 0

肘筋起始:上腕骨(外側上顆、後面) 肘関節関節包。 付着:尺骨(肘頭、外側部、および骨幹の上1/4の後面) 機能:肘関節の伸展(補助的作用) 神経支配:C6-C8橈骨神経   腕橈骨筋 起始 […]

(T.T)熱の話

2017年4月26日 0

前視床下野の温熱中枢と後視床下野の県令中枢をまとめて体温調節中枢と呼んでいるが、神経機序の上からは、寒冷中枢というのは単に熱産生の中枢に過ぎない   外界の気温より高い体温を維持している動物 […]

(*´∀`)バランスの話

2017年4月25日 0

1.はじめに リハビリテーションでは、バランスを必要とする起居、移動動作、日常生活動作などの動作能力の修得や向上、姿勢保持能力の改善を大きな目標としている。バランスの評価は、その治療プログラムの遂行上 […]

(/o\)小児期伝染性疾患の話

2017年4月5日 0

 感染症のうち、人から人へと病原・微生物が伝播していくものを伝染性疾患という。小児の疾病には伝染性のものが多く、成人は小児から感染を受けることは少ないが、小児どうしは互いに感染源となりうる。そこで、こ […]

(´;ω;`)小児先天性心疾患患児の話

2017年4月5日 0

先天性心疾患とは  奇形のなかで最も多いものの1つとされ、何らかの原因で、出生時に心臓に奇形を有しているものである。心臓の奇形の発生原因には、発育停止説、感染説、遺伝説など種々考えられるが、まだ完全に […]

(〃^ー^〃)熱性痙攣の話

2017年4月5日 0

<病態> 熱性痙攣は、中枢神経感染症および急性代謝疾患以外の原因による38℃以上の発熱によって生ずる痙攣発作を意味するもので、最も頻度の高い小児神経疾患の1つである。 <原因> ・内因:年 […]

(・_・)腰部脊柱管狭窄症の話

2017年4月4日 0

1.概論 脊柱管が狭くなり中に存在する馬尾・神経根が慢性的に絞扼されて神経症状が生じた状態の総称。   2.原因 ①先天性(発育性)脊柱管狭窄:脊柱管が正常より狭く成長したもの。特に軟骨無形 […]

(/o\)運動負荷試験の話

2017年4月4日 0

運動負荷試験について ①運動強度は十分低いレベルから始める ②運動強度の増加は徐々に行い、各段階における被検者の状態をよく観察する。 ③運動負荷試験の禁忌状態や、行うべきでない徴候が出現すると中止する […]

( v^-゜)♪膵臓癌の話

2017年4月4日 0

原因不明。60歳以上の男性に多い。膵管上皮由来の腺癌(膵管癌)が多く、腺房細胞癌が次ぐ。部位別割合は、膵頭部癌が約2/3、体尾部癌・全体癌が約1/3である。周囲臓器に直接浸潤し、リンパ行性・血行性に肝 […]

1 2 3 45