スポンサード・リンク

(*´ω`*)ホットパックの話


(´Д` )題名:ホットパックの話

・ 温かい物質で患部を覆うことによって、その部の組織を加熱して治療に役立てようとする温湿布の総称(広義)

・ シリカゲル(珪酸)を厚い木綿の袋に入れ、パック状にしたものを熱水に浸し、身体の一部に温熱刺激として加えることにより、身体の表面を温める方法(狭義)

  • 熱の移動形態:伝導
  • 手段:湿熱法(乾熱法)
  • 必要な装置:hydrocollator

材質・・内槽、外装ともにステンレス

下面に断熱材使用

●その他機器材料:HP

ピックアップバー

タオル(ビニール)

  • 水温の調節:サーモスタット
  • 適用温度:80~85℃
  • 適応時間:約20~30分

 

【実施法】

1.準備

①パックを入れる前に加温槽に3/4程度水を入れる

②パックを軽く振ってから入れる

③加温槽を80~85℃にセットする

 

2.患者に対して

①オリエンテーションをする

②治療部位に合わせたホットパックを取り出す

③室温(21~23℃)と他の部の保温に留意しながら、患者の治療部位を露出させてベッドに寝かせる

④水切りしたパックをバスタオルで7~8枚(10枚)重ねにし、パックのフック賭けの紐を中に織り込む

④″ビニールで包み込み、バスタオルで2~3枚重ねにする

⑤治療部位の皮膚上にバスタオル面が均等に接するようにパックを置く

⑥許容限界温度である皮膚温44℃を越えない様、約20~30分行う

⑦再利用時は加温槽に15分程浸してから適用する

 

3.適応例

①疼痛緩和(変形症、リウマチ、断端痛、関節周囲炎、腰痛症など)→炎症が治まったのに痛いとき=二次痛→発痛物質を流せば痛み取れる

②筋スパズムの緩和

③中枢神経麻痺による痙直緩和

④血行改善、局所栄養改善、レイノー病

⑤理学療法施行の前処置

⑥殺菌作用(皮膚真菌症、非定型的好酸菌感染症)

*いずれにも急性期は禁忌

 

4.禁忌

①あらゆる疾患の急性期

②炎症症状の強い時

③刺激症状の強い時

④悪性腫瘍(腫瘍の活性化・転移を起こす)

⑤出血傾向のある時

⑥知覚障害のある時(高度な知覚障害)

⑦循環障害のある時

⑧開放創のある部分

⑨妊娠の時の腹部(中心部の熱が取られる為)

⑩自律神経疾患

⑪閉塞性の血管疾患

 

5.注意点

①知覚障害のある部分(7分位で熱傷の確認)

②極端に衰弱した人、心肺機能の低下した人

③高齢者や幼児(体温調節中枢が未発達の為)

④強度の強い熱は加えてはいけない(発痛物質が増加してしまう)

 

6.利点

①使用が簡単

②パックの種類が多くcase by caseで選択できる

③湿熱のほうが乾熱より鎮痛効果が大きい

④均等な熱を与えられる

 

7.欠点

①肩・股関節への使用が困難

②重い

 

8.生理学的作用

①皮膚温上昇:7分間で約7~8℃上昇

その後、徐々に下降

*皮下組織の温度上昇→20分で5℃上昇

*筋肉の温度上昇→30分で1℃上昇

②血流量の変化:皮膚内の血流量は2倍以上になる

(筋肉などの深部組織は変化なし)

(*^_^*)参考文献

実習対策レポート.ホットパック


スポンサード・リンク