スポンサード・リンク

(*´ω`*)神経難病と医療機関の話


( ̄▽ ̄)題名:神経難病と医療機関の話

筋萎縮性側索硬化症(筋萎縮性側索硬化症は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、 運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する。人工呼吸器の装着による延命は可能。 治癒のための有効な治療法は確立されていない)

 

多系統萎縮症(多系統萎縮症は、錐体路、小脳および自律神経の機能不全を起こす、間断なく進行する神経変性疾患である。これには、以前は異なるものと考えられていた3疾患が含まれる、オリーブ橋小脳萎縮症、線条体黒質変性症、シャイ-ドレーガー症候群。症状として、低血圧、尿閉、便秘、運動失調、固縮、不安定姿勢などがあげられる。診断は臨床的に行う。治療は対症的であり、体液量の増加、圧迫帯、血管収縮薬による)

 

パーキンソン病(主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています)

 

神経難病は、病気の原因が不明で、治療法が限られており、症状は進行性で、患者は肢体の不自山を余儀なくされる。

そのため、長期間にわたり、常に医療と介護の提供を受ける必要がある、典型的な神経難病である。

筋萎縮性側索硬化症の進行期には患者は少なからず人工呼吸器を装着し、胃ろうを造設し,ベッド上生活か続くので、患者・家族とも、長期間にわたり常にケアとサポートを必要とする。

しかし、遂行期の神経難病患者を専門的に診る病院や施設、あるいは、人工呼吸器を装着した患者が長期に入院できる病院・施設はごく限られているのが現状である。

 

※厚生労働省が定めた特定疾患の中で、特に神経系の障害を引き起こすものを“神経難病”と呼ぶことがあります。

(^-^)参考文献

医療学習レポート.神経難病と医療機関


スポンサード・リンク