スポンサード・リンク

(*´ω`*)糖質コルチコイドの話


(^O^)題名:糖質コルチコイドの話

他の免疫抑制薬とともに、臓器移植時の拒絶反応の予防・治療、あるいは自己免疫疾患の治療に用いられる。

多くの副腎皮質ステロイ ドの中で免疫抑制薬として用いられる。

プレドニゾンおよびプレドニゾロンがある。

 

糖質コルチコイドとは、副腎皮質から分泌されるホルモンであり、コルチゾールなどがあります。

糖質コルチコイドはストレスに対応したり、免疫機構をコントロールしたりと、人間の生存にかかわる非常に重要な働きを持っています。

そして糖質の過剰摂取による機能性低血糖症(以下、低血糖症)になると、この糖質コルチコイドもまた過剰分泌されるようになります。

 

糖質コルチコイドとは、副腎皮質から分泌されるホルモンであり、コルチゾールなどがあります。

糖質コルチコイドはストレスに対応したり、免疫機構をコントロールしたりと、人間の生存にかかわる非常に重要な働きを持っています。

そして糖質の過剰摂取による機能性低血糖症(以下、低血糖症)になると、この糖質コルチコイドもまた過剰分泌されるようになります。

 

グルココルチコイドとも言う。

糖代謝に関わるホルモンの総称。

天然体は副腎皮質の束状層で合成・分泌される。

肝臓における糖新生促進・グリコーゲン貯蔵促進・アミノ酸摂取の促進、血糖値上昇、タンパク質分解の促進、抗炎症作用などを有する。

(+_+)参考文献

医療学習レポート.糖質コルチコイド


スポンサード・リンク