スポンサード・リンク

(*´ω`*)酸塩基平衡の話


(#^.^#)題名:酸塩基平衡の話

体内の正常な酸塩基平衡は’動脈血で種々の緩衝系によって正常域に保たれている。

酸塩基平衡の乱れは、ある濃度の変化により知ることができる。

血漿のpHが基準以下の場合にはアシドーシス。

基準以上の場合にはアルカローシスと呼ばれ、それぞれ呼吸性と代謝性に分けられる。

 

体内の酸と塩基が緩衝物質、肺、腎臓の作用で調節され水素イオン濃度(pH)が一定に保たれていることを酸塩基平衡といいます。

細胞内の化学反応の多くは一定のpHの環境で起こるため、ホメオスタシスの一環として食事や代謝で生じた酸と塩基を排泄して調節します。

緩衝物質は血中の水素イオンが多すぎても少なすぎてもある程度中和してpHを元の値に戻します。

肺は血中の水と反応して水素イオンを生成する二酸化炭素を放出することによって血液のpHを調節します。

また腎臓は余分な酸や塩基を排出します。

蛋白質の代謝でリン酸や硝酸、リン脂質の代謝でリン酸、糖代謝で乳酸や焦性ブドウ酸などが産生されますが、これら非揮発性の酸を排泄できるのは腎臓だけです。

基礎的な学習も大事ですね。

頑張りましょう。

(*^。^*)参考文献

医療学習レポート.酸塩基平衡


スポンサード・リンク