スポンサード・リンク

(;´д`)免疫の話


(*≧∀≦*)題名:免疫の話

「免疫」とは本来、ある特定の病原体に1度感染して回復できると抵抗性をもつようになり、同じ病にかからなくなることをいいますが、危険なものだけを攻撃し排除するという、自らの体を守る仕組みのことです。

たとえば、免疫細胞には、偵察役、情報伝達者、攻撃命令を出す司令官、攻撃する者、攻撃を告げる監督役などいろいろな種類があり、連携しなからそれぞれの役割を果たします。

また、免疫細胞以外に免疫システムにかかわっている物質もあり、それらが緻密な仕組みのもと、さまざまな病原体と戦っています。

しかし、その緻密な仕組みは微妙なバランスの上に成り此っているので、いろいろな要因でそのバランスを崩しやすいという面もあります。

免疫システムがバランスを崩すと、はじめは小さな不調でもやがては深刻な病気につながりかねません。

たとえば、免疫機能が低下すると、抵抗力が弱まり、細菌やウィ ルスなどの感染症にかかりやすくなりますし、がん細胞などの発生や増殖を抑止できず発症に至る 可能性もあります。

また、異物に対して免疫が過剰反応するようになれば、気管支喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患になります。

あるいは、生体内の自己組織に攻撃をするようになりますと慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患と呼ばれる病気になってしまいます。

免疫機能の低下や免疫バランスの異常は栄養不足や高齢化、ストレスの増加、精神的なバランスの崩れなどに よって起こります。

(゚∀゚)参考文献

医療学習レポート.免疫


スポンサード・リンク