スポンサード・リンク

(´д`|||)呼吸の話


(#^^#)題名:呼吸の話

(1)呼吸と呼吸器

《呼吸の定義》

生体が生命を維持するために必要な酸素を取り入れ、物質代謝の結果生じた炭酸ガスを排出する働きをいう。

・内呼吸(血液と組織細胞との間のガス交換)

・外呼吸(肺胞内の空気と血液との間のガス交換)

※組織呼吸(細胞内の物質代謝における水素運搬過程を指す場合が多い)

 

《呼吸器》

呼吸器(気道・肺胞・胸廓で構成)

・気道(鼻腔・咽頭・喉頭・気管とその分枝から構成)

・鼻腔粘膜(静脈・粘液腺に富み、吸気を暖め、湿り気を与える役割がある)

・咽頭(口腔から食道への食塊の通路にもあたる。嚥下の際は鼻腔・咽頭とも出入り口が塞がれ、呼吸運動は一時停止する)

・喉頭(声帯がある。発生は呼息圧を利用して行われる)

※線毛上皮(分泌物や空気と共に侵入した異物を喉頭に向かって排出する)

※軟骨(輪状に気管を取り囲んでその形態を保つ働き)

※副交感神経の刺激によって気管は収縮し,交感神経の刺激により収縮は抑制される.

 

(2)換気

《呼吸運動》

○  吸息運動

吸息

①横隔膜沈下

横隔膜(C3-5・横隔神経支配)

②胸廓挙上(内外肋間筋の収縮)

肋間筋(T1-12・肋間神経支配)

肋骨の動き

上位肋骨部では主として前方へ拡張

下位肋骨部では主として側方へ拡張

横隔膜の動き

収縮により約1.5㎝(深呼吸時は6~7㎝)沈下する。

横隔膜の面積は約300c㎡で、吸入量は約450mlである。

安静時は主として横隔膜呼吸によって行われる。

( ゚Д゚)参考文献

医療学習レポート.呼吸


スポンサード・リンク