スポンサード・リンク

(´Д` )呼吸促進薬と呼吸興奮薬の話


o(^▽^)o題名:呼吸促進薬と呼吸興奮薬の話

呼吸促進薬は呼吸興奮薬ともいわれ、呼吸が抑制されているときに用いられる。

死亡直前の自発呼吸が減弱されているときに用いられることが多い。

呼吸だけを特異的に刺激するわけではなく、延髄の呼吸中枢のみでなく血管運動中枢をも刺激する。

 

ドキサプラム(呼吸興奮薬のひとつ。頚動脈小体および大動脈小体の化学受容器を刺激し、反射性興奮を起こす。麻酔薬による呼吸抑制、肺の換気不全の際に使用される)

ジモルフォラミン(直接ないし末梢化学受容器を介して延髄および橋の外側網様体に存在する呼吸中枢を興奮させる中枢抑制薬による呼吸抑制の治療などで使用される)

キサンチン類(プリン塩基の一種で、ほとんどの体組織や体液に見られる有機化合物である)も一般的な中枢神経興奮薬として使うことが可能である。

ロベリン(百日咳や喘息(ぜんそく)などの呼吸困難に対する呼吸興奮薬、催吐薬とされる)は頸動脈体の化字受容器を刺激して反射性に呼吸興奮を起こす末梢性呼吸刺激薬で、作用の持続は短く、二コチン様の自律神経刺激作用もある。

勉強になりましたね。

(´∀`)参考文献

医療学習レポート.呼吸促進薬と呼吸興奮薬


スポンサード・リンク