スポンサード・リンク

(´Д` )消化性潰瘍と種類の話


(´∀`)題名:消化性潰瘍と種類の話

消化性潰瘍の発症と治康に関しては、潰瘍発生と治癒に関するさまざまな因子を攻撃因子と防御因子とに分けた上で、攻撃因子対防御因子のバランス説で理解されている。

潰瘍は攻撃因子が防御因子を上回ったときに生じてきて、それを治療するには攻撃因子を抑制し防御因子を増してやればよいと考えるのである。

内的攻撃因子として、塩酸、ペプシン、壁細胞数、迷走神経、胆汁酸、およびガストリンがある。

さらに外的攻撃因子としては非ステロイド性抗炎症薬などの薬剤、喫煙、コーヒー、アルコールなどの嗜好品が含まれる。

一方、防御因子として、粘膜血流増加、粘液分泌、細胞増殖、内因性のプロスタグランジン生成などがある。

消化性潰瘍の種類には以下のものがある。

 

①十二指腸潰瘍:十二指腸潰瘍とは皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちます意味で「消化性潰瘍」とも呼ばれています。症状はみぞおちから上腹部右側当たりの腹痛、背中の痛み、吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少、吐血、下血、口臭、すっぱいげっぷ、胸やけなどです。症状が起きやすい時間帯ですが、夜間や空腹時に起こり、食事をしますと一時的に症状が治まります。

②胃潰瘍:胃潰瘍は、精神的ストレス・アルコール・タバコ・痛み止めなどの薬が原因と考えられていましたが、「ピロリ菌」感染が最も関与していることがわかりました。胃潰瘍は感染症であるといっても、言い過ぎではありません胃の中は強い酸性であり細菌が生存できる環境ではないというのが定説でしたが、1979年、オーストラリアの病理医ウォーレンが胃粘膜内に細菌が存在することを発見し、研修医マーシャルとともに研究を進め、1982年に「ピロリ菌」の分離培養に成功し世界中の注目を集めたのです。

③Zollinger Ellison症候群(ガストリン産生腫瘍):ゾリンジャー・エリソン症候群とは、膵臓(すいぞう)に発生した細胞の腫瘍(しゅよう)であるガストリノーマが大量のガストリンというホルモンを分泌し、胃酸過多を引き起こす疾患。

④ストレス潰瘍:大手術、重症脳血管障害、頭部外傷、多臓器不全、重症熱傷などにより潰瘍が発症する場合がある。

o(^▽^)o参考文献

医療学習レポート.消化性潰瘍と種類


スポンサード・リンク