スポンサード・リンク

(*´∀`)パーキンソン病の話


(~_~;)題名:パーキンソン病の話

病理:中脳黒質緻密層、青斑核などの脳幹のメラニン含有神経細胞の変性・脱落と残存する神経細胞原形質内に多数の円形封入体であるレビィ小体が出現する。

原因:脳幹の特定の神経細胞が変性に陥る原因は不明であるが、粗製麻薬合成の副産物が選択的に黒質線状体ニューロンを傷害し、パーキンソン症候を起こすことから、外因性ないし内因性のさまざまな神経毒と本症の原因との関連が追求されている。

初発症状:片側手指、手関節部の静止振戦で始まるものが多く、振戦は漸次同側下肢あるいは他側上肢へと進展する。上下肢の固縮や巧緻運動障害で始まるものも片側発症のことが多い。片側症候は1、2年のうちに他側にも波及し、動作が緩慢となり姿勢や歩行の異常がめだってくる。

運動障害:静止振戦、固縮、無動は本症の三大症候と呼ばれるもので、進行するとこれに姿勢反射傷害が加わって四大症候となる。

 

パーキンソン病の主な治療法

薬物療法:パーキンソン病における治療の中心。減少しているドパミン量を補ったり、ドパミンの代わりとして作用する薬剤を服用します。

遺伝子療法:薬剤療法の効果が現れにくくなってきた患者に有効。体内でドパミンを生成するのに必要な酵素(AADC)の遺伝子を細胞に組み込み、脳に注入します。

手術療法:運動に携わる脳の神経細胞を一部破壊したり、電極を埋め込んで刺激し、運動障害などを改善します。完治させるものではなく、薬剤療法との併用が一般的。

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.パーキンソン病


スポンサード・リンク