スポンサード・リンク

(*´∀`)半月板と機能解剖の話


(=_=)題名:半月板と機能解剖の話

半月板の解剖・機能解剖

半月板は内側と外側で一対をなし、半月板が囲む腔は、前後方向で内側は外側のほぼ2倍である。内側半月板は前方から後方にむかうに従いその幅はしだいに増大するが、外側半月板は前方から後方までほぼ一定である。一方、厚さは内・外側半月板とも関節包側は厚く、遊離縁側は鎌の刃状に薄くなる。

内・外側半月板前角は前十字靱帯付着部を抱え込むように脛骨に付着し、その前縁部は横靱帯によって結ばれることが多い。

内側半月板の辺縁は関節包に密に付着し、前方部は関節包を通して半月膝蓋靱帯によって膝蓋靱帯と、中央部は内側側副靱帯、後方部は半膜様筋からの線維に結合している。

外側半月板の辺縁は、前方部は内側と同様に関節包を通して半月膝蓋靱帯により膝蓋靱帯と結合している。外側半月板後方1/3の部位には膝窩筋腱溝があり、この部分は外側半月板は関節包から遊離している。膝窩筋腱溝には膝窩筋腱が後下方より前上方に走行し外側半月板とは付着していない。

外側半月板後節から大腿骨顆間後面を走行する靭帯が2本あり、後十字靱帯前方を走行するものをHumphry靭帯、後方を走行するものをWrisberg靭帯という。Humphry靭帯は欠損することがまれではない。また外側半月板後角の脛骨付着部が欠損し、後角が直接大腿骨顆間後上部に付着する破格がきわめてまれにあり、Wrisberg型半月板とよばれる。外側半月板の後縁には関節包を通して膝窩筋の一部が結合している。

半月板は、関節包に付着している周辺部約1/3および前角、後角は血管と神経が進入し血行によって栄養され、血管のない遊離縁側は関節液のパンピング作用によって栄養がまかなわれている。このことは半月板損傷に対する修復術の適応を決める上で重要である。

半月板は、大腿骨脛骨関節の運動に伴って受動的に移動する。すなわち、膝関節が伸展位から屈曲するにつれて内側半月板は内旋、外側半月板は外旋しながら大腿骨顆部に従い後方に、伸展するに従って前方に移動し、その移動度は外側は内側よりはるかに大きい。

大腿骨―半月板―脛骨の負荷面(contact area)は最大伸展位で最大となり、屈曲につれて減少する。

半月板の機能は、

①大腿骨脛骨関節の適合を補う状態

②屈曲、伸展、回旋運動におけるボールベアリング的機能

③shock absorberとしての機能

④stabilizerとしての機能

⑤関節液の拡散と関節内圧の調節機能

などがあげられる。これらの機能はすべて荷重伝達機能(load transmission)に集約される。つまり半月板は荷重の60~80%を伝達している。したがって半月板損傷、切除などにより半月板の機能障害があると、荷重伝達機能が失われるので関節面に異常負荷が起こり二次性変形性関節症が必ず発症する。

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.半月板と機能解剖


スポンサード・リンク