スポンサード・リンク

( ´∀`)放射線療法と前立腺癌患者の話


(*´з`)題名:放射線療法と前立腺癌患者の話

病態概念

 前立腺癌は60歳以上の高齢者に多く、欧米においては男性の悪性腫瘍の中で最も多い腫瘍の1つである。日本でも近年増加の傾向にある。癌は前立腺後葉に好発し外腺から発生する。また、次第に増大し内周域や被膜に浸潤、さらに精嚢、尿道、膀胱等の周囲組織に進展する。転移は骨盤内リンパ節にみられるほか血行性に椎骨、骨盤骨等に現れる。この場合、酸性ホスフォタ-ゼ値の上昇がみられる。組織学的に大部分は腺癌であり、浸潤度によってAからDの4期に分けられる。治療は病期をもとに患者因子を考慮して、手術療法、放射線療法、内分泌療法が行われる。

1.StageA

 臨床的に前立腺癌と診断されず、偶然前立腺肥大症などの手術資料の病理組織学的検索で癌が発見され、前立腺内に限局し転移のないもの

A1:片葉内に限局し、かつ高分化型癌

A2:びまん性病変、または中~低分化型癌

2.StageB

前立腺内に限局している腫瘍で転移のないもの

B1:片葉内に限局する単発の腫瘍

B2:面葉に侵潤している腫瘍

3.StageC

前立腺被膜を越えて侵襲しているが転移の認められない腫瘍

4.StageD

臨床的に明らかな転移が認められる腫瘍

D1:大動脈分岐部以下のリンパ節に転移が認められる

D2:大動脈分岐部より上部のリンパ節、骨、肺、肝などの臓器に転移が認められる

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 前立腺癌の放射線治療は下腹部に照射するため消化器症状を伴う。特に嘔気、嘔吐による栄養状態の悪化や下痢による脱水などは全身状態の悪化に繋がり、食事摂取状況や排便状況の観察が大切である。また疾患の特性とは別に、放射線治療により排尿障害が強くなることがある。症状の悪化は患者を不安させるため早期の対応が必要である。

($・・)/~~~参考文献

医療学習レポート.放射線療法と前立腺癌患者


スポンサード・リンク