スポンサード・リンク

(*´∇`*)心電図検査の話


「心電図検査」の画像検索結果

((+_+))題名:心電図検査の話

1)検査の意義と方法

心筋細胞は興奮し、収縮するときに電力を生じる。

この電気的な活動が心臓内を通過するときに外部より記録したものが心電図である。

心電図は、①心筋の異常(心筋梗塞、狭心症、心筋症)、②不整脈、③電解質の異常、④先天性・後天性心疾患、⑤心臓病投与剤の効果および副作用の診断または判定に利用ができ、しかも患者に苦痛を与えないので、循環器系では一番最初に行う検査である。

・電気的活動は心筋内では、洞房結節→心房筋→房室結節→ヒス束→脚枝→プルキンエ線維→心室心筋と伝搬される。

・実際の心電図は、体表面2点間における電位差として記録される。

・以下の12誘導が一般的な心電図の誘導方である。

①標準肢誘導:Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ誘導

②単極肢誘導:aVr、aVl、aVf誘導。不関電極は右足首(黒)に装着

③単極胸部誘導:V1~V6誘導。導子装着部位の下の心筋電位をみる

 

2)正常機能とは

各波形・各間隔の意味

P波:両心房の興奮(収縮)

PQ時間:房室伝導時間

QRS波:両心室の興奮(収縮)

ST-T波:左右両心室の興奮よりの回復過程

U波:不明

(1)正常な脈

・P波の頻度60~100回/分

・P波とQRS波が1:1対応、PQ時間が0.12~0.20秒である。

・P-P間隔の変動0.16秒以内である。

(2)正常な波形

・P波:aVrを除く誘導では上向きのことが多い。P波の幅は0.06~0.10秒、振幅は0.25mV以下。

・QRS波:振幅は、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲで0.5mV異常、R1+Sm<2.5mV、幅は0.06~0.08秒。

・T波:Ⅰ、Ⅱ、V3~V6で上向きaVrで下向き。

 

3)異常の読み方と考えられる疾患

(1)異常な脈

・頻脈:発熱、貧血、甲状腺機能亢進

・徐脈:心筋梗塞、洞不全症候群、副交感神経緊張亢進

・心房細動:高血圧症、虚血性心疾患、僧帽弁狭窄症

・心室頻拍:急性心筋梗塞、重症心筋炎、ジギタリス中毒

・心室細動:重症心筋梗塞、心室頻拍の後、ジギタリス中毒

・房室ブロック:リウマチ熱、心筋炎、心筋症、心筋梗塞等で出現。程度により次に分類される。

①Ⅰ度房室ブロック:PQ間隔0.20秒

②Ⅱ度房室ブロック:a.ウェンケ・バッハ型、b.モビッツ型

③Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック)

異常な脈(不整脈)

a.頻脈 :100回/分以上

b.徐脈:50回/分以下

c.心房細動:R波は消失。細かな基線のゆれがある。R-R間隔は不整である。

d.心室頻拍:致命的な不整脈。幅広いQRS。140~180回/分でうつ。

e.心室細動:致命的な不整脈・心停止と同じ。規則性に欠く大小様々な波形。

f.ウェンケ・バッハ型:PQ間隔が1拍ごとに漸増し、QRSを伴わないP波が出現。その後は再びPQ間隔が漸増する。

g.モビッツⅡ型:心室へ伝導されるP波とされないP波が規則正しく出現する。

h.Ⅲ°房室ブロック:P-P間隔、R-R間隔は一定であるが、P波、QRS波の出現は不規則である。

(2)異常な波形

・P波

①右房負荷性P:心房中隔欠損症、肺動脈狭窄症、三尖弁閉鎖不全症

②左房負荷性P:動脈管開存症、僧帽弁狭窄症

・QRS波

①幅の増大

a.右脚ブロック:心房中隔欠損症、虚血性心疾患

b.左脚ブロック:虚血性心疾患、大動脈弁狭窄症

c.WPW症候群

②振幅の増大

a.左室肥大:高血圧、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症

b.右室肥大:肺動脈弁狭窄症、心室中隔欠損症

・ST-T波

①基線より低下:虚血性心疾患、心室肥大、脚ブロック、心内膜下梗塞

②基線より上昇:急性心筋梗塞、急性心膜炎、急性心筋炎、異型狭心症、高カリウム血症、心室瘤

・T波

①巨大な上向きのT波:高カリウム血症、左心肥大

②深い下向きのT波:心筋梗塞、心筋症

 

4)異常に対する対応

(1)異常な脈

・徐脈は心臓エコー、心臓カテーテル等の検査により原因疾患をみきわめるが、極度の徐脈のときは、ペースメーカーを入れる。

・心房細動は時には血栓が脳動脈につまることがあるので注意する。

・心室頻拍は致命的な不整脈で、治療をすぐ開始。

・心室細動は致命的な不整脈で、心肺蘇生の開始が必要。

・房室ブロックはヒス束心電図等で原因究明をしなくてはならないが、失神発作があった場合はペースメーカーが必要となる。

(2)異常な波形

・脚ブロック:心筋梗塞に合併した脚ブロックは致死性の可能性が高いので注意する。

・ST-T波の低下があり狭心症を伴うものは、心筋シンチ・心臓カテーテルの必要がある。逆に上昇は心筋梗塞の場合が多く、注意を必要とする。

 

5)看護

・不安の軽減

検査時の目的や方法を説明して患者の理解を得る。

検査時には、前胸部を開けて誘導子を装着するため、保温と羞恥心への配慮を行う。

寒さや緊張のために筋肉が収縮すると、電気的ノイズとして記録されてしまうことがある。

・検査の準備

導子をつける部位の皮膚が清潔であるかを確認する。

電極部分には、専用のペーストやゼリーを用いる。

導子は、各誘導に従って定められた位置に装着する。

運動負荷心電図や24時間ホルター心電図などの動作を伴う心電図検査では、体毛が多いと導子がはがれてしまう場合がある。

その場合は装着部位の除毛を行う。

・検査の実施

安静時心電図を記録する場合は、通常は仰臥位で行う。

ただし起座呼吸がみとめられる場合は座位で行うなど、患者の状態に合わせて測定する。

運動負荷試験時やホルター心電図検査では、動作中の測定となるため、導子をテープなどを用いてはずれないように固定する。

装着前後に、皮膚のかぶれや発赤などの異常がないかを確認する。

・異常の早期発見

心電図検査の結果は診断に用いられるが、看護師ではCCUやICUで、また手術後や胸痛などの症状がみとめられる場合、さらに重篤な状況など、臨床のあらゆる場面において心電図から患者の状態の把握を行う必要がある。

看護師は正常心電図の波形と各波の意味について理解し、異常がみとめられる場合はただちに医師に連絡する。

「心電図検査」の画像検索結果

(ー_ー)!!参考文献

医療学習レポート.心電図検査


スポンサード・リンク