スポンサード・リンク

(*´∇`*)歩行と脳活動の話


「歩行と脳活動」の画像検索結果

(・.・;)題名:歩行と脳活動の話

歩行時の脳活動は空間的側面での研究が多く、歩行時には補足運動野、感覚運動野、線条体、小脳、視覚野などが活性化し、大脳皮質や皮質下の構造が歩行の制御に関係することが報告されている。

また、歩行の運動イメージや観察でも実際の歩行時と類似した部位が活動することが示されている。

足の運動に伴う準備電位や歩行時の Late CNV は Cz で最大であることが報告されている。

Late CNV の発生源は前頭前野、補足運動野、一次運動野、一次感覚野や大脳基底核であることが報告されている。

上肢の運動観察と運動実行を比較した研究では、振幅は減少しているものの運動観察において準備電位が認められたと報告されている。

重錘負荷歩行では Late CNV の増大傾向を認められている。

運動の準備電位は発揮する筋力に比例して大きくなったとの報告がある。

「歩行と脳活動」の画像検索結果

(^o^)参考文献

Bakker M, et al.: Recent advances in functional neuroimaging of gait. J Neural Transm 114:1323-1331, 2007

Malouin F, et al.: Brain activations during motor imagery of locomotor-related tasks: a PET study. Human Brain Mapping 19:47-62, 2003

Miyai I, et al.: Cortical mapping of gait in humans: a Near-infrared spectroscopic topography study. Neuroimage 14:1186-1192, 2001

Iseki K, et al.: Neural mechanisms involved in mental imagery and observation of gait. Neuroimage 41:1021-1031, 2008

Yazawa S, et al.: Cortical mechanism underlying externally cued gait initiation studied by contingent negative variation.

Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 105:390-399,1997

Hamano T, et al.: The cortical generators of the contingent negative variation in humans: a study with subdural electrodes.Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 104:257-268,1997

Ikeda A, et al.: Dissociation between contingent negative variation (CNV) and Bereitschaftspotential (BP) in patients with parkinsonism. Electroencephalography and Clinical Neurophysi ology 102:142-151, 1997

Kilner JM, et al.: Motor activation prior to observation of a predicted movement. Nature neuroscience 7:1299-1301, 2004

Siemionow V, et al.: Relationship between motor activity-related cortical potential and voluntary muscle activation.Exp Brain Res 133:303-311, 2000


スポンサード・リンク