スポンサード・リンク

(´∇`)眼の話


「眼」の画像検索結果

(^o^)題名:眼の話

眼球の前面には透明な角膜がある。

その後ろには水晶体があって、中心に開口すなわち瞳孔のある虹彩は水晶体の前に位置している。

眼球の後壁では視軸より少し内側寄りで、視神経が出てくる。

眼には3つの腔が区別される。

1.角膜,虹彩および水晶体で囲まれた前眼房

2.水晶体を輪状にとりまく後眼房

3.硝子体を含む硝子体眼房の3腔

である。

・硝子体は大部分が水からなる透明なゼリー状の物質である。前および後眼房水様透明の液体すなわち(眼)房水を含んでいる。

・眼球壁は3つの層からなる:線維膜または強膜、血管膜および内膜(網膜)である。

強膜:主に膠原線維、一部は弾性線維からなり、引っ張りに強い厚い結合組織性の被膜であって、眼内圧とともに眼球の形を正しく保つように働く。

血管膜(またはブドウ膜):血管と色素の豊富な眼球の前部で虹彩と毛様体をつくり、後部では脈絡膜をつくっている。

網膜:その後部には光を感じる感覚細胞のある視部を、前部には色素上皮のある盲部を含んでいる。これら両部の境界は鋸状縁と呼ばれる。

眼球は前部と後部に分けることができる。これら両部は機能的に異なった役目を果たしている。前部は結像措置すなわち光を屈折するレンズ系を含んでいる。後部は光を感じる固有の面すなわち網膜を含んでいる。眼はカメラにたとえることができる。このカメラは前方に絞り[眼では虹彩に相当]をもつレンズ系と、後壁には光を感じるフィルム(網膜に相当)をもっているのである。

・虹彩はカメラの絞りにあたる部分。眼球血管膜の前端部の円盤状の薄い幕で、そのほぼ中心に瞳孔があって光線を眼球内にいれる。

 

眼底

眼底は赤味をおびた色をしている。その鼻側半分には視神経乳頭(盲斑)があり、ここに網膜のすべての神経線維が集まり視神経となって眼から出て行く。

・視神経乳頭(円盤):網膜の視神経線維からでき、視細胞をもたず視力の欠けるところから、盲点(マリオット盲斑)と呼ばれる。

動脈は明るく細く、静脈は暗く幾分太くみえる。これらの血管は鼻側ではどちらかというと放射状に、耳側では弧を描くように走っている。数多くの血管が最も視力の鋭い領域である黄斑へ行っている。その横長の卵円形でわずかに黄色がかった面の中心には、血管のない中心窩という小さなくぼみがある。なお、黄斑は視神経円板の外側約4mmほどのところにある。

・黄斑:視神経円板の外側にあって、神経細胞層の重層から出来ている。杆状細胞を欠くことが特徴である。黄斑の特に薄い中心部を中心窩といい、錐状体細胞からのみでき、視覚がもっとも鋭敏である。

・錐体細胞:中心窩付近に密集し、明るい場所で働き(明所視)、色や形を識別する(錐状体視覚物質ヨドプシン)。

・杆体細胞:網膜周辺に多く、薄暗い場所で働き(暗所視)、明暗を識別する(杆状体視覚物質ロドプシン)。

・視覚伝導路:鼻側のものは視交叉において交叉するが耳側のものは交叉しない。したがって、一方の視索の切断は、それぞれの眼の視野の対側部分が欠損する半盲症をもたらす。

・眼球運動:眼球運動は動眼神経(上枝:上直筋、上眼瞼挙筋 下枝:下斜筋、下直筋、内側直筋)、滑車神経(上斜筋)、外転神経(外側直筋)に支配されている。

・対光反射:光が網膜にあたると、瞳孔は縮小する。この対光反射 (瞳孔反射)の求心脚は視神経線維であって、視蓋前核へ行っている。

縮瞳→光が強い場合、副交感神経が働き(瞳孔括約筋)、縮瞳する。

散瞳→光が弱い場合、交感神経が働き(瞳孔散大筋)、散瞳する。

・輻輳反射:両眼で固視している対象が遠くから近づいてくるとき、内側直筋は次第に強く収縮して両眼球を内転させる。

「眼」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.眼


スポンサード・リンク