スポンサード・リンク

(*´∇`*)統合失調症とWHO国際分類の話


「統合失調症とWHO国際分類」の画像検索結果

(^○^)題名:統合失調症とWHO国際分類の話

統合失調症とは、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す、精神疾患の一つ。

医学が進歩した今日でもなお治療が困難な病であり、患者には障害者手帳が交付される。

 

・WHOの国際分類

●古典的な3病型

 

①妄想型統合失調症

比較的固定した妄想を主体とし、幻聴を伴うことが多く、最も一般的な病型。妄想では被害妄想、関係妄想、誇大妄想などが、幻聴では患者を脅したり命令する幻声、口笛の音やハミングや笑い声など要素的幻聴などが多い。一方、感情の意欲、会話の障害、および緊張病性の病状はあまり目立たない。

 

②破瓜型統合失調症

通常15~25歳の間に発病し、妄想は幻覚は一時的であったり、断片的であるなど、あまり目立たないまま、陰性症状、とりわけ感情の平板化と意欲低下が急速に進行するため、予後の不良がちな病型である。

思考の障害も著く、会話は一貫性を欠き、まとまりがない、行動は予測しがたく、孤立傾向にある。

 

③緊張型統合失調症

精神運動性障害の急激な発症、多動と混迷、命令自動と拒絶など、極端から極端へと交替する症状を示すものの、比較的寛解しやすい病型である。原因は明らかではないが、わが国のような工業国では稀になっている。以下の特徴的な症状がみられる。

 

昏迷(周囲への反応の著名な低下、自発運動や活動の減退)

興奮(外的刺激とは無関係、無目的な興奮)

保持(不適切、奇異な姿勢の自発的な保持)

拒絶症(指示や意図に対する動機のない抵抗)

硬直(患者を動かそうとする努力に抗する固い姿勢の保持)など多数あり。

「統合失調症とWHO国際分類」の画像検索結果

(^o^)参考文献

医療学習レポート.統合失調症とWHO国際分類


スポンサード・リンク