スポンサード・リンク

(´∇`)頸部と筋の話


胸鎖乳突筋起始:胸骨(内側)頭:胸骨、柄(前側面)

鎖骨(外側)頭:鎖骨(内側1/3の上および前面)

付着:側頭骨、乳様突起(外側面)

後頭骨(上項線の外側半分)

機能:頚椎の前屈(両側の筋の共同作用により)

筋と同側への頚椎の側屈

筋と反対側への頭の回旋

頭の伸展(後部線維の作用)

努力吸気時の胸骨挙上

神経支配:副(ⅩⅠ)神経(脊髄根)

C2-C3(ときどきC4)頚髄神経(腹側枝)

 

広頚筋

起始:上部大胸筋と三角筋を被う筋膜

付着:下顎骨(斜線の下)

Modiolus10-12〔車軸点〕

下唇および顔面の皮膚と皮下組織

反対側の筋も中央線で結合する。

機能:下唇を下方かつ後方に引き下げる(驚きまたは恐怖の表情)、また顎を開けるときに手伝う。

頚椎の屈曲(弱い作用)。筋電図では強度の努力時や急な深吸気時に大きな活動を示す。

鎖骨部から皮膚を引き上げ、頚の幅を太くする。うなじの部分の皮膚に斜めの皺をつくり、頚のくぼみを減らせる。

深い吸気。

広頚筋は特に機能のある筋ではない。

神経支配:顔面(Ⅶ)神経(頚枝)

 

前頭直筋

起始:環椎(C1)(横突起と外側塊の前面)

付着:後頭骨(頭蓋底部下面)

機能:頭の前方屈曲(頭前屈)

環椎後頭骨間関節の支持固定

神経支配:C1-C2脊髄神経(前枝)

 

外側頭直筋

起始:環椎(C1)(横突起,上面)

付着:後頭骨(頚静脈突起)

機能:頭を同側の横に曲げる(筋の斜方向による)

頭の回旋を助ける。

環椎後頭骨間関節の支持固定

頭の屈曲

神経支配:C1-C2脊髄神経(前枝)

 

頭長筋

起始:C3-C6脊椎(横突起、前結節)

付着:後頭骨(頭蓋底部下面)

機能:頭前屈

筋と同側に頭を回旋する(一側の筋)

神経支配:C1-C3脊髄神経(前枝)

 

前斜角筋

起始:C3-C6脊椎(横突起の前結節)

付着:第1肋骨(内縁上の前斜角筋結節および上面の縁)

機能:頚椎の屈曲(両筋)

吸気時における第1肋骨挙上

頚椎の反対側への回旋

頚の同側への屈曲

神経支配:C4-C6頚髄神経(前枝)

 

中斜角筋

起始:C2-C7(横突起の後結節)

軸椎(ときに)

付着:第1肋骨(上面に広く及ぶ)

機能:頚椎の屈曲(作用は弱い)

筋と同側への頚椎の側屈

吸気時の第1肋骨の挙上

頚椎の反対側への回旋

神経支配:C3-C8頚髄神経(前枝)

後斜角筋

起始:C4-C6脊椎(変異に富む;横突起の後結節)

付着:第2肋骨(外側面)

機能:頚椎の屈曲(作用としては弱い)

吸気時の第2肋骨の挙上

頚椎の同側への側屈(副次的作用)

頚椎の反対側への回旋

神経支配:C6-C8頚髄神経(前枝)

 

大後頭直筋

起始:軸椎(棘突起)

付着:後頭骨(下項線外側部;項線直下の面)

機能:頭の伸展

同側への頭の回旋

同側への頭の側屈

神経支配:C1脊髄神経(後頭下神経,後枝)

 

小後頭直筋

起始:環椎(後弓の後結節)

付着:後頭骨(下項線の内側部、下項線と大後頭孔の間の面)

機能:頭の伸展

神経支配:C1脊髄神経(後頭下神経、後枝)

上頭斜筋

起始:環椎(横突起、上面)、そこで下頭斜筋の付着部とともになる。

付着:後頭骨(上、下項線の間、頭半棘筋の外側)

機能:環椎の上で頭を伸展(背屈)させる(両側の筋の働き)

同側への側屈(側屈する側の筋の働き)

神経支配:C1脊髄神経(後頭下神経、後枝)

 

下頭斜筋

起始:軸椎(棘突起尖端)

付着:環椎(横突起、下面および背面)

機能:同じ側への頭の回旋

側屈(筋の働く側)

神経支配:C1脊髄神経(後頭下神経、後枝)

 

頚最長筋

起始:T1-T5脊椎(変異あり)(横突起尖端)

付着:C2-C6脊椎(横突起の後結節)

機能:頚椎の伸展(両筋)

筋と同じ側への頚椎の側屈(単筋)

神経支配:C3-T3脊髄神経(変異あり)

(後枝)

 

頚半棘筋

起始:T1-T5脊椎(変異あり)(横突起)

付着:環椎(C2)からC5脊椎(棘突起)

機能:頚椎の伸展(両筋)

筋と反対側への頚椎の回旋(単筋) 筋と同じ側への側屈

神経支配:C2-T5脊髄神経(後枝)

(変異あり)

 

頚腸肋筋

起始:第3肋骨から第6肋骨、ときには第1および2肋骨からも起こる。

付着:C4-C6脊椎(横突起,後結節)

機能:頚椎の伸展(両筋)

筋と同側への側屈(単筋)

肋骨の引き下げ(下制)

(副次的作用)

神経支配:C4-T3脊髄神経(変異あり)

(後枝)

 

頭最長筋

起始:T1-T5脊椎(横突起)

C4-C7脊椎(関節突起)

付着:側頭骨(乳様突起〔後縁〕)

機能:頭の伸展(背屈)

筋と同じ側へ頭を側屈し、回旋させる

神経支配:C3-C8頚髄神経、変異あり(後枝)

 

頭板状筋

起始:C3-C7レベルの項靱帯

C7-T4脊椎(棘突起)で変異あり

付着:側頭骨(乳様突起)

後頭骨(上項線の外側1/3の下の面)

機能:頭の伸展(背屈)

筋と同じ側に頭を回旋する(異論あり)

筋と同じ側に頭を側屈する

神経支配:C3-C6頚髄神経、変異あり(後枝)

C1-C2(後頭下神経と大後頭神経が最初の2つの枝を出す)

 

頭半棘筋

起始:C7とT1-T6脊椎(変異あり)の横突起の尖端から

一連の腱として

C4-C6脊椎(関節突起)

付着:後頭骨(上項線と下項線の間)

機能:頭の伸展(両側の筋の共同作用)

筋と反対側への頭の回旋(異論あり)

筋と同側への頭の側屈

神経支配:C2-T1脊髄神経(後枝);大後頭神経

(変異あることあり)

 

頚板状筋

起始:T3-T6脊椎(棘突起)

付着: C1-C3脊椎(変異あり)(横突起、後結節)

機能:頚椎の伸展(両筋)

筋と同じ側への頚椎の回旋(単筋)

筋と同じ側への側屈(単筋)

反対側の胸鎖乳突筋と共同作用を営む。

神経支配:C4-C8脊髄神経(変異あり)(後枝)

 

肩甲挙筋

起始:C1-C4脊椎(横突起と後結節)

付着:肩甲骨(肩甲骨上角と肩甲棘根部の間の肩甲骨脊椎縁)

機能:肩甲骨を挙上し内転する

肩甲骨を下方に回旋する(肩関節臼を下方に向ける)

頚椎を同側に側屈させる(一側の作用)

頚椎を同側に回旋させる(一側の作用)

頚椎の伸展(両側が助ける)

神経支配:C3-C4脊髄神経(前枝)

C5肩甲背神経(下部線維へ)(前枝)


スポンサード・リンク