スポンサード・リンク

(´・ω・`)ホットパックの話


((+_+))題名:ホットパックの話

【器具】 ハイドロコレーター

【温度】 80~85℃

【中身】 熱容量の大きい不良導体・シリコンを主体とした鉱泥⇒シリカゲル(桂酸)

【熱の種類】伝導熱・表在熱・湿熱

【実施法】

準備)

①水槽に充分な水を張り、パックを軽く振ってからその全てが水中に没するように入れる

②パックが全体的に柔らかみが出るまで2~3時間浸す

③水槽を加温して温める

患者に対して)

①施行部位をできるだけ弛緩させ,全身がリラックスして痛みを感じない姿勢をとらせる

←軟部組織の伸展性の増大、血流量増大、血管拡張、疼痛軽減

②皮膚に損傷・炎症がないかを確める

←開放創・水虫・にきびなど皮膚の疾患がある場合、ホットパックをあてるとそれらの亢進が起こりやすい

③Sensory test

←感覚テスト。特に表在感覚

感覚過敏や鈍麻などは注意する事。ホットパックをやらないほうがよい。

④長時間、裸にして体温を低下させない

←湿熱=患部以外は衣服を着るか、タオルをかけるなどして実施すること。

⑤温熱の温度、治療の時間、治療目的を説明する。

←患者にホットパックの危険性や目的,どんな感覚がするのかを説明する.

⑥室内温:21~23℃・相対湿度:約53%

 

施行手順)

①余分な水分をとる ←布製はよく水分をきること。ビニール製はある程度湿った状態にする。

②タオルで7~8層にくるんで患部に当てる ←布製の場合。ビニール製は3~4層

③当てた後、痛みが増悪したり、ヒリヒリしないか確認する。

←患者によって感覚がちがうので熱さを感じたらタオルをさらにまくなどする。約7分で皮膚温が最高となる。筋肉まで熱がつたわるには約30分かかる。当てた直後と当て始めてから7分後に熱くないか患者に聞く事。

【時間】 20~30分 ←表在に対しては20分、筋までは30分行う。毎日実施しても、1日に何回やっても良い効果が出てきたら頻度を少なくする事。

 

【注意点】

①火傷に対する注意

1)強く圧迫しない⇒熱の放散ができなくなる⇒火傷

2)動脈硬化⇒熱の放散も⇒火傷 ←動脈硬化は禁忌 血管の拡張能力が乏しい。

診断されていない人も含めて、老人はほとんどが動脈硬化をもっている。

②説明する ←どんな危険性があるのか、またどんな感じがするのか

火傷:老人・小児にたいして実施する場合には充分に注意すること

 

【適応】

①痛み・スパズム ←血管拡張・軟部組織性・伸展性↑、発痛物質の除去

②RA・OA ←炎症症状がある場合は禁忌。炎症がなく拘縮がある場合に有効

③(特に)筋筋膜性腰痛

④頚椎捻挫←急性期は禁忌。炎症がなくなれば実施.どんな捻挫でも良いが、足や手はホットパックはしない。突起がおおいため、まんめんなく熱を与えられない。

⑤拘縮

⑥肩関節周囲炎  ←五十肩 炎症に注意。痛みが強いときなど。

⑦理学療法前処置 ←運動療法の前に物理療法を行なう。筋(軟部組織の伸展性を出す)⇒温熱療法⇒運動療法⇒効果up

 

【禁忌】

①中等度高度の浮腫・開放創

②感染・潰瘍のある場所

③高度の知覚障害 ←熱を通り越して痛みを感じる場合がある

④循環障害・高度の動脈硬化

⑤皮膚疾患 ←水虫などの皮膚疾患

 

【生理学的作用】

①皮膚温上昇

7分間:約7~8℃上昇←施行1時間後に元の温度に戻る

皮下組織の温度上昇:20分で5℃上昇

筋内組織の温度上昇:30分で1℃上昇

②血流量・・・皮膚内の血流量は約2倍

 

【利点】

①使用が簡単

②パックの種類が多くcase by caseで選択できる

③温熱の方が乾熱より鎮痛効果が大きい

④均一な熱を与えられる。←暖めたい場所に均一に暖められる。

 

【欠点】

①肩・股関節への使用が困難←球関節に対しては使用しやすい

②重い ←リウマチの患者などは逆にホットパックの重さで痛みを与えてしまうことがある。

③時に発疹 ←皮膚疾患が他の患者にうつることがある

 

布製・ビニール製がある。

ステンレス製 下に断熱性をしいている

季節によって異なる。冬:85℃ 夏:80℃

サーモスタッド:温度調節機能

布製の場合。ビニール製の場合はゲル状のものはいっている。

シリカゲルは熱がさめにくく保温率が高い

水は熱伝導が高い。(湿熱)空気は熱伝導が低い。(乾熱)

まず皮膚が温められる

ビニール製は水分を残しておけば湿熱、完全にふき取ってしまえば乾熱となる。

かご(しきり)などすべてものを水槽から出し、断熱材に水をぬらさないように水を水槽の3/4入れ、その後かごを中に入れる。

シリカゲルを均等にするため

腰痛の場合の肢位

坐位

仰臥位:膝屈曲位 × 背臥位で身体の下にホットパックを入れてはいけない。

皮膚の血管を圧迫し、血流が弱くなり血液が貯蓄するため

やけどを引き起こす危険がある。

側臥位 ○ かなり楽な肢位

40~42℃の熱を皮膚に伝える。44℃以上は熱くて痛みを感じる。タオルをまいて空気の層をつくって、熱が伝わりにくくして温度の調節をすること。

20~30分

衰弱している人には心臓への負担が大きいため、また呼吸にも負担がかかるため充分に注意する事。発汗がおこるため、水分補給に気をつけること。

動脈硬化 A-V shantの機能低下。熱の放散が低い。汗腺・受容器↓

体温調節機能が未熟 体温が上昇しやすい

スパズムがあれば痛みがでる。痛みがあればスパズムがでる。

痛みから守ろうとする防衛システムによってスパズムがでる。

痛み⇔スパズム(柔軟性が乏しい状態)

RA:痛いから関節を動かそうとしない→拘縮になる→軟部組織の伸展性を改善させる

OA:初期のみ炎症あり。その後は炎症はおこりにくい。

ホットパックが筋に対して1℃の温度上昇しか効果がない。筋に対しては深部熱が有効。筋膜に対しては表在熱でも熱が届くことがあるので有効。

拘縮(軟部組織の伸展性↑、発痛物質の除去、血管拡張(血流を増やす))

心疾患(心臓に負担がかかる)。末梢疾患の閉塞、血管自体に問題がある。そのため火傷をする危険が高い。

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.ホットパック


スポンサード・リンク