スポンサード・リンク

(´・ω・`)心筋梗塞の話


(。-∀-)題名:心筋梗塞の話

心筋梗塞は冠動脈の閉塞または高度の狭窄により血行障害をきたし、心筋虚血が一定時間持続した結果、心筋細胞が壊死に陥り、肉眼的に認めうる一定の大きさになったものを指す。

通常、強い胸痛で発症し、不整脈、心不全、心破裂などを合併し、高い死亡率を有する疾患である。

感動脈閉塞の原因としては、冠動脈の粥状動脈硬化による狭窄病変を基礎として血栓が生じ、閉塞に至るものが大部分である。

冠動脈硬化の促進因子を感危険因子と呼び、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、高フィブリノゲン血症は最も重要な危険因子である。

急性心筋梗塞確定診断の要点①強い胸痛を主体とする臨床症状が30分以上持続しニトログリセリンが無効②急性期にST上昇、次いで異常Q波、さらに冠性T③CK、GOTなど血清心筋逸脱酵素上昇。

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.心筋梗塞


スポンサード・リンク