スポンサード・リンク

(´・ω・`)運動とホルモンの話


(´・ω・`)題名:運動とホルモンの話

運動トレーニング効果は骨格筋のみならず神経系、呼吸循環器系や内分泌系など各系に影響を及ぼす。運動トレーニングの内容によって効果は異なる。

トレーニングによりインスリンに対する感受性が高まり、相対的に血中インスリン濃度(分泌量)が低くても働きが高まる。

カテコラミンは副腎髄質から分泌されるホルモンとして、エピネフリン(アドレナリン)とノルエピネフリン(ノルアドレナリン)やドーパ、ドパミンがある。ここでは副腎髄質ホルモンの働きとして交感神経系の効果の増幅や持続について問われている。トレーニングにより、安静時および同程度の運動強度において分泌量は減少し、血中濃度は減少する。

有酸素的な運動が収縮期と拡張期の血圧を、わずかであるが低下させる。

よくトレーニングをした場合は、1回換気量の増加があるが、安静時では差がないとの報告もある(減少はしない)。

年齢を問わず、全身の有酸素性トレーニングにより心臓のサイズが大きくなり、1回拍出量が増加する。

 

運動とホルモン

運動により分泌が増加するホルモン

副腎髄質ホルモンのエピネフリン、ノルエピネフリン、グルカゴン

運動により分泌が減少するホルモン

インスリン

|д゚)参考文献

医療学習レポート.運動とホルモン


スポンサード・リンク