スポンサード・リンク

(´・ω・`)頭蓋内圧亢進の話


「頭蓋内圧亢進」の画像検索結果

( *´艸`)題名:頭蓋内圧亢進の話

●頭蓋内圧亢進の症状

自覚症状

頭痛:最も頻度が高いが必発ではない。早朝に起こる early morning headache が多い。座位よりも横になる時に起こる。

嘔吐:嘔気を伴うことが多いが、これを伴わず突然生ずることもあり、多くは噴出性 projectile である。

視力障害:初期にはあまり自覚されず、一過性反復性の視力障害として見られることが多い。頭蓋内圧亢進が長く続くと視神経萎縮を引き起こし、失明することがある。横になっている時に、目が開けていられなくなる。光が(TVも)眩しく感じる。

複視:多くは外転神経麻痺により起こるが、動眼神経麻痺によることもある。

 

他覚的所見

鬱血乳頭:視神経乳頭が突出、乳頭辺縁が不鮮明となる。乳頭周辺に網膜出血を認めることがある。

眼球運動障害:1側の外転障害が多い。

意識障害:頭蓋内圧亢進に伴い、意識障害の程度は進行する。テント切痕嵌頓に陥ると昏睡となる。

瞳孔不同:テント切痕嵌頓により動眼神経が圧迫されて起こり、散瞳側の対光反射消失を伴う。

徐脈、血圧上昇、体温上昇:エポニムとしてクッシング兆候と言う。急激な頭蓋内圧亢進により視床下部や延髄が障害されて起こる。

「頭蓋内圧亢進」の画像検索結果

( ^)o(^ )参考文献

医療学習レポート.頭蓋内圧亢進


スポンサード・リンク