スポンサード・リンク

(´・ω・`)出血の話


(´д`)題名:出血の話

出血が多いときは、まず血を止めましょう。

傷口を強く押さえて直接圧迫法、もしくは傷から心臓に近い動脈の止血点を、手や指で押さえる間接圧迫法をします。

出血がひどいとき、傷口が大きかったり、ひどいときは医療機関を受診をオススメします。

傷が小さい場合は消毒が一番です。

小さい傷はできるだけ空気にさらしておく方が治りが早いですので、バンドエイドは睡眠時はずしておきましょう。

なお、動物による傷は感染症になる可能性がありますので、医者に相談しましょう。

鼻血は、押さえていると治りますが、興奮しないようにしましょう。

 

出血部位により動脈性出血、静脈性出血、毛細血管性出血、成立機序により破綻性出血、漏出性出血に分類される。

 

出血により血液成分が体外に移行するものを外出血、体内に移行するものを内出血と呼ぶ。

急激な多量の出血では、血圧が急激に低下し、ショック状態に陥り死亡することがある。

 

循環血液量減少性ショック

原因・誘因

出血、広範な熱傷、下痢・嘔吐などによる脱水など

メカニズムと特徴

循環血液量が急激に減少して生じる。

乏血性ショックともいう。

一般に循環血液量が20%以上失われると血圧が低下する。

特徴は、血圧の低下、頻脈、中心静脈圧の低下、末梢血管抵抗の増大などである。

(^O^)参考文献

医療学習レポート.出血


スポンサード・リンク