スポンサード・リンク

(´・c_・`)小脳の話


(・_・;)題名:小脳の話

小脳とは、大脳後下面に接し、橋と延髄の背面にかぶさるように小脳は隆起する。表面を多くの幅の狭い溝(小脳溝)と高まり(小脳回)が平行に走る。小脳は、左右の大きな小脳半球と、正中部で小脳半球に挟まれて、縦に伸びる虫部に区別される。小脳の表面を覆う灰白質は小脳皮質、深部の白質は小脳髄質と呼ばれる。

小脳テントとは、脳硬膜の突起で、後上縁は内後頭隆起に始まり、大脳半球の後頭葉と、小脳との間に入り、後頭蓋窩上に、テントを張ったように見える。

小脳皮質は3層からなり、分子層・プルキンエ細胞層・果粒層からなる

小脳の白質

上小脳脚:中脳=赤核と視床へ行く遠心性線維と前脊髄小脳路を含む

中小脳脚:橋 =橋からの線維塊であって、橋核から起こり、皮質橋路の続きを形成する

下小脳脚:延髄=延髄下部から上行し、後脊髄小脳路と前庭神経核との結合路を通す

白質の線維は3対の束(小脳脚)にまとめられ、白質の中にはいくつかの灰白質魂(小脳核)が点在し、歯状核が一番大きい

 

小脳は、身体の位置や動きを検知する役割を持っています。

小脳の機能が低下すると、自分の身体運動の情報が混乱してしまうので、ふらふらするようになるわけです。

(^ム^)参考文献

医療学習レポート.小脳


スポンサード・リンク