スポンサード・リンク

(*´ー`*)心不全と筋力低下の話


(^ム^)題名:心不全と筋力低下の話

心不全症例では、安静臥床を強いられ、筋力低下が生じやすい。

さらに、健常者にみられる単なる廃用性筋萎縮とは異なり、骨格筋の低酸素状態や交感神経の活性化、筋組織におけるサイトカインの増加などが骨格筋の異常に関わっており、筋力低下が生じやすいと考えられている。

骨格筋に対する神経筋電気刺激(以下NMES)が、心負荷をかけずに骨格筋の筋力向上や末梢循環を改善させるとの先行研究が散見される。

最初の数セッションでは低い電流強度であったが、セッションを通じて電流強度は大きく増加すると報告されている。

低周波数(10-15pps)にて実施した先行研究では、骨格筋有酸素能は増加するが、筋力増強効果は少なかったと報告している。

高周波数で実施するとTypeⅡ線維が特異的に刺激されると報告されている。

心不全症例の大腿四頭筋はTypeⅡ線維が大半であり、健常人において、NMESの訓練強度が高い程、より高い筋力増強効果をもたらしたと報告されている。

(#^.^#)参考文献

絹川真太郎・他:心不全における酸化ストレスの役割:医学の歩み 218 巻第 1 号 91-95,2006

Dobsak P et al: Low-frequency electrical stimulation increases muscle strength and improves blood supply in patients with chronic heart failure : Jan;70(1):75-82, 2006

Banerjee P et al: Prolonged electrical muscle stimulation exercise improves strength, peak VO2, and exercise capacity in patients with stable chronic heart failure: J Card Fail. 2009 May;15(4):319-26, 2009

Maffiuletti NA et al. : Feasibility and efficacy of progressive electrostimulation strength training for competitive tennis players.J Strength Cond Res 23:677–682, 2009

Nuhr MJ et al.:Beneficial effects of chronic low-frequency stimulation of thigh muscles in patients with advanced chronic heart failure. Eur Heart J 25:136–143, 2004

Gregory CM et al.: Recruitment patterns in human skeletal muscle during electrical stimulation. Phys Ther 85:358–

364, 2005

沖田孝一・他:心不不全における骨格筋異常と筋仮説:循環器内科 69巻(3) 275-285 2011

Lai HS et al.: The effect of different electro-motor stimulation training intensities on strength improvement. Aust J Physiother 34:151–164 1988


スポンサード・リンク