スポンサード・リンク

(*´ー`*)放射線療法と肺癌患者の話


(^o^)題名:放射線療法と肺癌患者の話

適応

 手術可能な扁平上皮癌・腺癌には、手術前後の放射線治療を併用する。手術不能の場合でも、遠隔転移がなければ根治照射を行う。一方、未分化癌では放射線と抗癌剤の併用療法を行うこともある。姑息的な治療として、腫瘍やリンパ節腫大による上大静脈の圧迫による上大静脈症候群など、血管・気道の狭窄や通過障害による症状の改善、気道からの出血に対する止血、疼痛の緩和に行われる。

感受性

 腫瘍のサイズが小さい程効果が大で、組織型では小細胞癌、扁平上皮癌、腺癌、大細胞癌の順に感受性が低くなり、癌細胞の分化度では低分化のものほど感受性は高い。

照射方法

 一般には固定照法を用いる。正常肺、心臓、食道、脊髄などへの悪影響を防ぐために、通常、前後対向2門照射が用いられるが、その他として、多門照射および回転照射も行われる。縦隔を含めて照射する場合は前後対向2門で行い、44~46Gyの時点で脊髄を外すため方向を変更する。この場合斜入対向2門照射をしばしば用いる。

照射線量

 1回の照射線量は2Gyで、週5回行い、総照射線量は60Gyが標準的治療とされているが、局所に対しては途中で照射野を縮小することもある。小細胞癌の場合は、非小細胞癌より放射線感受性が高いので線量はやや少なめである。

副作用

 全身的には、全身倦怠感、食欲不振、悪心などの放射線宿酔症状が起こりやすい。放射線宿酔の発生機序は、放射線による化学反応の過程で過酸化物質が多量に発生し、肝臓で処理される。肝臓自体が疲弊に伴い、宿酔症状を呈する。さらに血流中に存在する炎症細胞(白血球)よりヒスタミン系物質の遊離によりアレルギー性症状を呈することで症状が起きる。宿酔症状には、過酸化物質の蓄積とヒスタミン系物質の両者が関与するといわれている。放射線に対する不安感が強い人も起こりやすい。また、胸部照射であるため、造血機能の盛んな胸骨に照射野が入り、放射線の感受性が高い骨髄が影響を受け、骨髄抑制が起こりやすい。一般に放射線療法独自で看護ケアを必要とする骨髄抑制は起こりにくいが、化学療法との併用時に強く出やすい。
局所的には、照射野の皮膚に、放射線により皮膚の基底細胞が障害を受け、放射線皮膚炎が20~30Gyから起こりやすい。肺の気管内の絨毛は早期に影響を受けるため、呼吸器症状が早期に出現し放射線肺炎を起こすこともある。通常は照射終了後数週ないし2カ月(早ければ治療期間中)でおこる。発熱、咳そうを伴い、X線像では照射野に一致した浸潤を認めるが無症状に時もある。照射野と線量が大きいほど発生しやすい。(化学療法との併用とは発現頻度を高め、時には照射外にも広がって、致死的となることもある。)放射線肺炎は軽快した後、肺線維症に移行しやすい。また、照射野に食道が入る場合は、食道粘膜の基底細胞が放射線により障害を受けて、20Gy前後で食道炎を起こすこともある。症状としては、つかえ感ではじまり、ついで疼痛、粘膜炎が高度となりえんげ困難などもおこり、ついには潰瘍や出血に至ることもある。また後に、食道の狭窄を起こすこもあるが、比較的まれである。放射線の晩期障害として肺線維症がある。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 原疾患による症状とは別に照射により放射線肺炎や放射線食道炎を起こしやすい。放射線の影響と原疾患により肺の機能が低下しており、放射線肺炎を起こすと死に至ることもあり、治療開始から早期に呼吸器症状やバイタル、血液データの観察を行う(照射野が胸骨を含んでいることで、骨髄抑制をおこし、易感染状態に陥りやすい)。放射線食道炎では、症状が強度になると食摂取量の低下により低栄養状態、脱水をきたすことになるので、食事量や倦怠感などの自覚症状と併せて、体重の変化や血液データにも着目する。 また、初めて放射線治療を受ける患者は、放射線に対して誤解と偏見に満ちたものであることも少なくない。そのため、治療に対して不安や恐怖をもつ。治療に対する思いや不安を早期に把握することが大切である。さらに治療が進むにつれて、副作用出現に対する不安をもちやすいので、不安の把握や不安に起因する身体症状の観察も行っていく。さらに放射線療法が終了しても、放射線の影響や再発などに対しても不安をもつことがあるので、患者や家族のこれらに対する思いの把握を行う。

(--〆)参考文献

医療学習レポート.放射線療法と肺癌患者


スポンサード・リンク