スポンサード・リンク

(´;ω;`)うつ病の話


(^O^)題名:うつ病の話

現代社会に生活する人は多かれ少なかれ外界からのストレスにさらされている。

全人囗の10%が一生に一度はうつ状態を経験するといわれているほど、うつ病は現代社会の重要な問題である。症状として悲愴感、疲労感、食欲減退、睡眠障害などがあげられる。

 

うつ病のはっきりした原因は未だ不明ですが、うつ病が発症しやすい要因はたくさんあります。

家系(遺伝性)、薬の副作用、つらい出来事(特に喪失にかかわること)など、さまざまな要因が考えられます。

うつ病は性格的な弱さを反映するものではなく、人格障害や小児期のトラウマ体験、親の育て方の問題などを反映しているわけでもありません。

うつ病は特に大きなストレスがなくても発症したり、悪化したりすることがあります。

 

家族や親しい人の死、大切なものを失う(喪失体験)。

過労や人間関係などの職場のストレス。

家庭不和や経済問題などのストレス。

転勤・昇進・就職・退職・進学・転居・結婚・離婚・育児などの人生における変化。

癌や難病などの慢性の病気によるストレス。

アルコールなどの影響。

こういった出来事があれば、必ずうつ病になるわけではありません。

無理を重ね続けたり、心理的に孤立している状況に置かれていたりなど、さまざまな要因が関係して、発病にいたるといわれています。

(^_-)参考文献

医療学習レポート.うつ病


スポンサード・リンク