スポンサード・リンク

(´;ω;`)脳卒中と血管内皮の話


( ̄▽ ̄)題名:脳卒中と血管内皮の話

脳卒中患者の血管内皮機能は健常者に比べ低下していると報告されている。

脳卒中片麻痺患者に対する膝関節の屈伸運動が血管の直径と血流を変化させると述べられている。

脳卒中片麻痺患者に対するトレッドミル運動が血管内皮機能を改善する可能性があることを報告されている。

また、運動による血流量の増加が血管にシェアストレスを生じさせ、血管内皮細胞を活性化すると述べられている。

先行研究ではレニン‐アンギオテンシン抑制薬、スタチンといった薬物療法や、ビタミン Cなどの補充療法、禁煙や減量などの生活習慣の改善によっても血管内皮機能の改善が報告されている。

(*_*)参考文献

Stenborg et al.: Endothelium dependent vasodilatation in forearm is impaired in stroke patients. Journal of Internal Medicine:569-575,2006

Sandra et al.: Single Limb Exercise Induces Femoral Artery Remodeling and Improves Blood Flow in the Hemiparetic Leg Poststroke. Stroke 40:3086-3090,2009

Frederick et al.: Impaired Leg Vasodilatory Function After Stroke Adaptations With Treadmill Exercise Training. Stroke 41:2913-2917,2010

後藤 力ら:有酸素運動が血管内皮機能に与える影響.理学療法学17:87-91,2002

Watanabe et al.: lnhibition of the reninangiotensin system prevents free fatty acidinduced acute endothelial dysfunction in humans. Arterioscler Thromb Vasc Biol 25 : 2376-2380,2005

Laufs et al.:Upregulation of endothelial nitric oxide synthase by HMG CoA reductase inhibitors.Circulation 97 :1129-1135,1998

Butler et al.: Cigarette smoking in men and vascular responsiveness.Clin Pharmacol 52 : 145-149, 2001

Sciacqua et al.: Weight loss in combination with physical activity improves endothelial dysfunction in human obesity.Diabetes Care 26 : 1673-1678,2003


スポンサード・リンク