スポンサード・リンク

(*´-`)消毒薬の話


(^o^)題名:消毒薬の話

<1>消毒薬とは何か

感染症をおこさない水準にまで病原微生物を死滅させ、減少させることを消毒といい、これに用いる薬を消毒薬という。一方、すべての微生物を死滅・除去することを滅菌といい、加熱、照射(γ線、X線や電子線、高周波)、ガスなど、さまざまな滅菌法がある。

病原微生物は、その種類によって消毒薬に対する抵抗性も異なり、一般細菌・酵母様真菌<糸状真菌<結核菌・ウイルス<芽胞の順に抵抗性が強くなる。そこで、適用となる場面や状況、対象物によって消毒薬もより強力なものを使う必要が生じるが、消毒薬による生体への危険も増すことになる。また、強力な消毒薬であればあるほど、使用後の薬の処理にも配慮が必要である。

表1 消毒薬の分類ならびに特徴と有効微生物

区分

消毒薬

微生物効果

使用目的別効果

備考

 

 

 

高水準

グルタラール

<ステリハイド>

× × 刺激性、内視鏡の消毒

中水準

ポピドンヨード

<手術用イソジン>

<イソジン液>

<イソジンゲル>

次亜塩素酸ナトリウム

<ミルトン>

消毒用エタノール

<日局消毒用エタノール>

クレゾール石鹸

<クレゾール石鹸液>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

×

 

×

 

 

 

 

 

×

 

 

 

×

 

 

×

 

 

 

×

 

×

 

×

×

 

 

 

×

 

 

×

粘膜に使用可能

体腔内禁止

アレルギーに注意

 

金属腐食性、塩素ガス発生

 

速効性、医療器具に適応

 

難水性で石鹸液に溶かし使用

低水準

クロルヘキシジン

<5%ヒビテン液(赤色)>

<ヒビテン・グルコネート液(20%無色)>

第四級アンモニウム塩

<オスバン液>

両性界面活性剤

<テゴ-51>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

×

 

 

 

×

 

×

 

 

 

×

 

×

 

 

 

×

 

×

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粘膜には禁忌

皮膚、粘膜、創傷消毒

 

 

経口毒性が高い

 

医療器材、環境に適応

<>:おもな製品名。

◎:有効、○:ほぼ有効、△:有効な場合もある、×:無効

 

<2>消毒薬の適用

消毒薬の適応に際しては、用途や部位に応じて注意しておくべきことがある。日常しばしば遭遇する針の穿刺部位の皮膚消毒は、消毒用エタノール(アルコール)綿で何度か清拭するだけで十分であるが、カテーテル挿入部位の皮膚消毒では、これに加えてポピドンヨードを塗布することで殺菌効果の持続が期待できる。かつては、術後の創傷部位に対しても消毒を行っていたが、かえって消毒薬が生体のもつ自然治癒力を阻害していることが明らかになり、創面周囲を消毒したうえで清潔な状態で被覆する方法がとられている。

また、使用した消毒薬は、生体や環境にとっても有害な作用を持つため、廃棄に際しては、適切な処理が必要となる。

適用に際しての一般的な注意を以下に列記する。

(1)消毒薬は原液のまま使うものもあるが、多くの場合、目的に応じて所定の希釈濃度が決められている。指示通りに希釈することが大切である。

(2)残留物や他の薬剤と混じると消毒効果が減弱するものもある。消毒薬としての効果を発揮させるには、こうした点への配慮も必要である。

(3)消毒薬により消毒した医療器具は、洗浄や浸漬により消毒薬を完全に除去したあと、使用することが求められる。

表2 消毒薬の適用例

消毒の対象 消毒薬 使用濃度
手指・皮膚 ・消毒用エタノール

・イソプロパノール

・イソプロパノール添加エタノール

・クロルヘキシジン

・ポピドンヨード

原液

50~70%原液

原液

0.1~0.5%

7.5%

手術部位の皮膚 ・ポピドンヨード

・消毒用エタノール

・0.5%クロルヘキシジン含有消毒用エタノール

・クロルヘキシジン

7.5~10%

原液

原液

0.1~0.5%

手術部位の粘膜 ・ポピドンヨード

・第四級アンモニウム塩

10%

0.01~0.025%

皮膚の創傷部位 ・ポピドンヨード

・クロルヘキシジン

10%

0.05%

粘膜の創傷部位 ・ポピドンヨード

・第四級アンモニウム塩

10%

0.01~0.025%

医療用金属器具 ・消毒用エタノール

・イソプロパノール

・イソプロパノール添加エタノール

・0.5%クロルヘキシジン含有消毒用エタノール

・第四級アンモニウム塩

・塩化アルキルジアミノエチルグリシン

原液

50~70%

原液

原液

0.1%

0.05~0.2%

内視鏡 ・グルタラール 3%

 

■創部消毒

目的)

①創部の状態を観察し、異常の早期発見につとめる。

②汚染をすみやかに除去し、清潔な状態を保つことで感染経路を遮断する。

③患者の不快感を除去し清潔感を与える。

④消毒により創部に付着した微生物を減少させ、創傷の治癒過程において感染を起こさせないようにし、治癒を促す。

 

アセスメント)

(a)1期癒合(一次的治癒)

正しく縫合された感染のない切開創の治癒であり、細い線状の瘢痕を残すのみで早期に治癒する。

(b)2期癒合(二次的治癒)

開放したままの創面または組織の欠損の大きい外傷等の治癒を指すが、術後の創の場合、創面が汚染・感染を伴うときや死腔の存在等、1期癒合が不完全な場合、ドレーン等を挿入し、2期癒合を待つ場合がある。完全な治癒には時間を要し、瘢痕は著名である。

※1 創の治癒を妨げる原因

発達段階

加齢に伴う諸機能の低下による治癒の遅れ

栄養

コラーゲンの構成要素としてのタンパク質やコラーゲン合成に必要なビタミンC不足

循環

創周辺の血流が乏しいと、栄養の運搬や白血球の働きが不十分となる

内分泌機能

ステロイド、コルチゾンを使用している場合、糖尿病がある場合は治癒が遅い

感染

創が汚染されると治癒が遅れる

死腔

組織除去後の閉鎖部位に滲出液等が貯留すると細胞組織再生が困難

 

(c)ガーゼ(被覆材)の汚染状態

術後は2時間ごとに観察する。24時間以内は出血・血腫に注意する。その出血が動脈性の出血(鮮紅色、拍動性)か否かを判断する。24時間以降も勤務1回は観察を行う。

(d)創周囲の観察および全身状態

創周囲の発赤、腫脹、疼痛、発熱等の炎症所見の有無を観察し、合わせてバイタルサインの観察、血液所見(CRP、白血球の増加)も確認する。

 

適応)

・外傷、熱傷、凍傷などによる機械的、非機械的創傷

・術後創の処置

 

必要物品)

ガーゼ交換車(上段:ガーゼ缶、鉗子、鑷子、衛生材料等の滅菌物と各種消毒綿球缶、中段:使用前の膿盆、包帯類、絆創膏類、軟膏類等準清潔物品等、下段:使用後の物品を置く)

方法)

①ガーゼ交換車の確認を行う。

(物品の補充、ガーゼ缶・鉗子・鑷子の定期交換、消毒綿球缶の交換、滅菌有効期限の確認、破損や不潔物品の排除)

 

②手洗いを行う。

 

③患者に目的と方法を説明する。

 

④患者の体位を安楽かつ処置がしやすいように調整し、処置部位の下に処置シートを敷く。

 

⑤滅菌手袋を装着し、鑷子を用いて創部を消毒する。

・創の中心から外側に向かって行う(より清潔にしたい部位から先に消毒する)

・1つの創に1つの消毒綿球を使用する(創が複数存在する場合は創部ごとに新しい綿球を用いる)

・清潔な創部から消毒する(閉鎖創をまず消毒し、被覆、その後開放創を消毒する)

 

⑥創部を滅菌ガーゼまたはドレッシング剤で覆い、さらに包帯または三角巾で固定する。

・ガーゼの端では、絆創膏と皮膚の隙間が生じないように絆創膏を貼付する。これは絆創膏の一端をおさえ、もう一端を引っ張って固定した際におこりやすく、絆創膏貼付によって皮膚に張力が加わり、皮膚に水泡を形成することがある。

・体軸に対し水平に貼る。体軸に平行に貼付すると、身体の前屈等により容易にゆるみが生じ、創傷保護の目的が失われる。しかし、部位によっては幅広で伸縮性の絆創膏を用い確実に固定することもある。

 

⑦終了したことを告げ、患者の体位・衣服などを整える。物品を片付け、後始末をする。

 

●ガーゼ缶、ガーゼの扱い

①ガーゼを取り出す場合:清潔な鑷子を用い、鑷子およびガーゼ缶の縁や外側に触れないように取り出す。ガーゼ缶の内側が清潔、縁は不潔である。

②缶のふた:空中落下菌のガーゼ缶内の侵入を防ぐため、ふたの開閉時間は最小限にする。また、ふたの内側は清潔であり、手指で触れない。

③綿球:消毒綿球は適度に絞り使用する。施行者が患者の創部に使用した際に消毒液が流れ出ない程度である。


スポンサード・リンク