スポンサード・リンク

( ´,_ゝ`)フロイトの話

(^0_0^)題名:フロイトの話

 

 

精神分析は、ヴントの意識主義に対し、無意識の心理学と言われている。

19世紀末にオーストリアの精神科医フロイトが創始した理論体系であり治療法であるが、現在までに様々な学派がある。

1963年に国際精神分析学会でその定義が定められた。

精神分析とはフロイトによって発見された人間の心を研究する方法である。

その基本仮説は、パーソナリティ、性格、精神機能において、発達的、力動的、経済的な一連の現象を展開させている無意識の過程の存在についての仮説である。

成人の患者を理解する基本的方法は、自由連想方とそれに伴う行動や身体現象の観察と釈明である。

精神分析とは、このような方法によって得られた経験の集大成である。

精神分析とは、このような方法によって得られた経験から導き出された精神機能に関する理論である。

精神分析とは、このような方法、経験、理論から導き出された成人や児童の精神障害や精神疾患を治療する技術である。

したがって、精神分析的心理療法は、フロイトの精神分析学に基盤を置き、その理論の上に成り立っている。

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.フロイト

スポンサード・リンク