スポンサード・リンク

( ´,_ゝ`)フロイトの話


(^0_0^)題名:フロイトの話

フロイト

精神分析によってヒステリーや強迫性障害の治療に取り組んだ。

催眠によらない日常意識状態において、主として過去の記憶・感情・家族関係などを想起させていくという自由連想(free association)を開発した。

①自由連想

スタンダードな技法としては週に数回、各1時間前後、患者を寝椅子でリラックスさせ、頭に浮かぶイメージや思いを取捨選択せずに報告してもらう。そのうち核心にふれるようなテーマを中心に絞って、その意味や現在の困難との関係に注意を向けるに誘導する。このことで、本人がふだん気づかないまま影響を蒙(こうむ)っている無意識の痛恨(コンプレックス)への自覚を促していく。近年では、このような標準的技法を遵守することはまれで、多くは週1ないし数回、各50分、座って対面し、個人史や困難の意味について話し合う方式をとる。

 

精神分析は、ヴントの意識主義に対し、無意識の心理学と言われている。

19世紀末にオーストリアの精神科医フロイトが創始した理論体系であり治療法であるが、現在までに様々な学派がある。

1963年に国際精神分析学会でその定義が定められた。

精神分析とはフロイトによって発見された人間の心を研究する方法である。

その基本仮説は、パーソナリティ、性格、精神機能において、発達的、力動的、経済的な一連の現象を展開させている無意識の過程の存在についての仮説である。

成人の患者を理解する基本的方法は、自由連想方とそれに伴う行動や身体現象の観察と釈明である。

精神分析とは、このような方法によって得られた経験の集大成である。

精神分析とは、このような方法によって得られた経験から導き出された精神機能に関する理論である。

精神分析とは、このような方法、経験、理論から導き出された成人や児童の精神障害や精神疾患を治療する技術である。

したがって、精神分析的心理療法は、フロイトの精神分析学に基盤を置き、その理論の上に成り立っている。

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.フロイト


スポンサード・リンク