スポンサード・リンク

(*´ρ`*)川崎病(急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群)と看護計画の話


((+_+))題名:川崎病(急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群)と看護計画の話

 急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とする疾患で、1967年川崎によって最初に記載された疾患ゆえに「川崎病」ともよばれます。

好発年齢は4歳以下で、日本人の小児はこの病気にかかりやすい要因をもっているようであるが、現在いろいろな人種の症例が報告されています。

病因は、現在までのところ不明であり、「感染説」「非感染説」が取りざたされています。

外観的に症状が激しく、抗生物質や解熱剤も効果が少ないです。

一般的には予後は良好であるが、罹患した乳幼児の5~10%に無症候の冠動脈瘤の後遺症が残ることが判明しています。

この結果、ときに心筋梗塞発作で突然死することがあります。

 予後良好にもかかわらず、原因不明、薬の効果が少ない、突然死ということから、親は非常に不安をもち、「川崎病は心臓病であり、突然死する」というように短絡的な考えをもつものも少なくないです。

親への正しい説明が重要なこととなります。

●症状

 発熱で発症します。

発熱は38~40度で長時間持続します。

発熱から数日遅れて発疹(紅斑で癒合傾向がしばしばみられる)、手掌や足の紅斑、硬性浮腫、結膜の充血、口唇の充血、頸部リンパ節の腫脹がみられます。

心・血管系に病変がみられると心電図、心エコー、胸部X線写真に異常が認められます。

血液検査では白血球の増加、血小板数増加、CRP 強陽性、血沈の亢進が認められます。

回復期には指先から膜様落屑がみられます。

●検査

  • 定期的身体所見の観察
  • 心臓超音波検査
  • 血液データ(血沈含む)
  • 心臓カテーテル

●治療

 抗炎症作用、抗凝血作用を期待してアスピリンの投与を行うのがふつうです。

冠動脈瘤を認めた場合には維持量を長期間投与します。

また、冠動脈の拡張や動脈瘤の発生予防にはヒト免疫グロブリンの大量療法が有効です。

●経過と管理

 外観的に症状が激しく、抗生物質や解熱剤も効果が少ない急性期と解熱して手指の膜様落屑がはじまる回復期とにわけられます。

川崎病に罹患した乳幼児の5~10%は無症候の冠動脈瘤の後遺症が残ることが判明しているため、急性期をすぎたあとも後遺症の有無に注意し、長期にわたって管理されなければならないです。

親が過度に不安をもたないように注意するとともに、管理を受けることを怠らないようにも指導していく必要があります。

●看護計画

 小児に対しては、対症的な処置を中心として安静を保ち、体力の消耗を避け、心臓血管系の変化の早期発見につとめることが大切です。

親に対しては、不必要な不安をもたないように疾患についての正しい説明を行う必要があります。

一般状態が好転しても、心臓血管系の変化の経過観察のために入院期間が相当長く(1ヵ月程度)になることもあることを知らせます。

突然死についても過度の不安につながらないように配慮しながら説明し、必要があれば経過観察と服薬が続くことのあることも知らせておく必要があります。

(´Д`)参考文献

医療学習レポート.川崎病(急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群)と看護計画


スポンサード・リンク