スポンサード・リンク

Σ(ノд<)咀嚼筋群の話


(/_;)題名:咀嚼筋群の話

咀嚼筋群は全部、三叉(Ⅴ)神経運動枝によって支配を受けている。

咀嚼筋は、①咬筋・②側頭筋・③外側翼突筋・④内側翼突筋 の4つがある。
②側頭筋:下顎骨を持ち上げ、また後方に引き下げる。①咬筋:下顎骨を持ち上げ、また前方につきだす。

 

③外側翼突筋:両側共同して下顎骨を前に突き出し、また下にさげる。もし、この筋が単独に働いたときには、反対側への側方移動運動が起こる。

④内側翼突筋:両方が一緒に、または外側翼突筋と協調して下顎骨を持ち上げ、また前方につき出させる。

しかし、一方の内側翼突筋だけが単独に働いたときは、下顎骨を前方に引き出すと同時に反対側に片寄らせる(物を咬むときのように)。

 

B.下顎骨とは

下顎骨は頭蓋骨の中で唯一動きうる骨で、下顎の運動は咬むことと話すことに関係している。下顎を動かす筋はすべて下顎骨の後方よりにあり(下顎枝の種々な面や突起に付着して)、咬んだりするために相当強い力を与えている。

咀嚼筋群は下顎を前方に(突き出し)、または後方に(引っ込め)動かし、または側方に移動させる。下顎の運動範囲は通常ある程度に限られている。物を咬むための運動速度は比較的ゆっくりしている。

(^o^)参考文献

医療学習レポート.咀嚼筋群


スポンサード・リンク