スポンサード・リンク

φ(゜゜)ノ゜10月19日土曜日の日記

( ̄* ̄)meal( ̄* ̄)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、カップ焼きそばとおにぎりを食べました。

晩ごはんは、ハンバーグを食べました。

 

(´ω`)event(´ω`)

今日は土曜日まったり行きます。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

今日は秋祭りが開催されて、渋滞が予測されます。

午前は病棟で働き、午後から外回りを行いました。

案の定渋滞でした。

病院へ帰宅時はくたくたでした。

家に帰宅すると事件が起きました。

長男が歯を怪我していました。

怪我したときにすぐに言わないなんて。

日曜日に営業している小児の歯科医を探しました。

いくつかピックアップして、もやもやしながら寝ました。

 

(∋_∈)health(∋_∈)

心配です。

 

(*^O^*)study(*^O^*)

今日は、フロイトと自由連想について勉強しよう。

フロイトは、精神分析によってヒステリーや強迫性障害の治療に取り組んでいました。

催眠によらない日常意識状態において、主として過去の記憶・感情・家族関係などを想起させていくという自由連想(free association)を開発しました。

自由連想は、スタンダードな技法としては週に数回、各1時間前後、患者を寝椅子でリラックスさせ、頭に浮かぶイメージや思いを取捨選択せずに報告してもらいます。

そのうち核心にふれるようなテーマを中心に絞って、その意味や現在の困難との関係に注意を向けるに誘導します。

このことで、本人がふだん気づかないまま影響を蒙(こうむ)っている無意識の痛恨(コンプレックス)への自覚を促していきます。

近年では、このような標準的技法を遵守することはまれで、多くは週1ないし数回、各50分、座って対面し、個人史や困難の意味について話し合う方式をとります。

 

(^-^)count(^-^)

日記214日目です。

スポンサード・リンク