スポンサード・リンク

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ肺呼吸機能検査の話


「肺呼吸機能検査」の画像検索結果

1)検査の意義と方法

肺機能検査を行うにあたり、その信頼性は被検者の理解度、協力度、検者の熟達度に依っていることを十分考慮しなければならない。

・肺機能検査の目的

①臨床的に明らかでない時点の呼吸器障害を発見する。

②呼吸器障害を特徴づけ分類する。

③疾患の生理学的重症度を客観的に明らかにする。

④治療効果を判定する。

・肺気量分画:肺呼吸において肺は伸展、収縮を繰り返し、肺内の空気の容積を変化させ、外気と換気をしている。肺の呼吸レベルと肺内空気の容積を関係づけたものを肺気量分画という。

肺気量分画

記号

名称

意味

測定法

TV

1回換気量

1回呼吸の換気量

スパイロメトリー

VC

肺活量

最大吸気位から最大呼気位までの呼出量

スパイロメトリー

RV

残気量

最大呼気位で尚肺内に残存している含気量

・N2希釈法

・ボディボックス

TLC

全肺気量

最大吸気位における全肺含気量

・N2希釈法

・ボディボックス

・スパイログラム:肺から出入りする空気の量を一定の速度で流れる画面の上に描かせたグラフをスパイログラムという。これにより肺分画中、一回換気量(TV)、肺活量(VC)を測定でき、また努力呼出曲線を描かせることにより、1秒量(FEV1.0)、努力肺活量(FCV)を求めることができる。

・FVCとVCは普通同じであるが閉塞性肺疾患では努力呼出で末梢が閉塞されFVCが減少する。これをエアートラッピングという。

末梢気管支は総面積が大きいため、気道抵抗は気管支全体の気道抵抗のわずか10%を占めるにすぎない。ゆえに末梢気管支では病変が進行してもスパイログラムで検出できないことがある。

・flow-volume(気流-気量)曲線:最大吸気位から最大呼気位まで努力呼出した際の流速と肺容量の関係をグラフに表したものである。これは末梢気道の病変を早期に検出できるという点でスパイログラムよりすぐれている。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では末梢の抵抗が増大し肺容量が小さくなったときの気流速のおちこみが顕著である。

 

2)拘束性障害と閉塞性障害

肺機能上VCとその被験者の予測値*との比(%VC)が80%以下を拘束性障害、FEV1.0とFVCとの比(FEV1.0%)が70%以下を閉塞性障害と定義している。また両者の障害があるとき、混合性障害という。

*被験者の性別、年齢、身長、体重より数式により算出される。

閉塞性障害と拘束性障害

・閉塞性障害をきたす疾患:慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)、喘息、びまん性汎細気管支炎

・拘束性障害をきたす疾患:肺線維症、胸郭変形、胸膜疾患、びまん性汎細気管支炎

重度の肺機能障害者や、検査の協力が得られない高齢者では肺機能検査を行うことが出来ない。しかし身体的所見より肺機能障害を推定することができる。次のサインを見る。

・閉塞性障害を思わせるサイン

①口つぼめ呼吸、②甲状軟骨低位、③胸鎖乳突筋・斜角筋後枝肥大、④頸静脈呼気位の怒張、⑤心拍最強点が心窩部へ移動、⑥フーバーサイン、⑦吸気位早期断続性ラ音など。

・拘束性障害を思わせるサイン

①斜角筋中枝肥大、②心拍最強点が傍胸骨へ移動

 

3)検査時の看護

呼吸機能検査において信頼性の高いデータを得るには、患者の理解と協力が必要である。方法を十分に説明し、検査を実施する。

「肺呼吸機能検査」の画像検索結果


スポンサード・リンク