スポンサード・リンク

(‘ω’)ノ4月12日金曜日の日記

(・。・;meal(・。・;

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とおにぎりを食べました。

昼ごはんは、担々麺のカップ麺とじゃがりこを食べました。

晩ごはんは、ハンバーグとポテトとサラダを食べました。

 

(+_+)event(+_+)

自転車で職場へ向かいました。

午前は病棟で勤務し、午後は外回りを行いました。

外回りの一件目は、公営団地であり、近所のコインパーキングがすぐに埋まります。

案の定、目的地近くのコインパーキングは満でした。

離れたコインパーキングまで移動して、小走りで目的地へ向かいました。

外回りを終えて職場へ帰ると、自転車で帰宅しました。

帰りに、マクドナルドでマックシェイクを楽天ポイントで購入しました。

楽天ポイントの期間限定ポイントは月間300~400ポイント程度貯まります。

ネットショッピングはあまり行わないため、マクドナルドかミスタードーナツで消費しています。

帰宅すると、子供は寝ていました。

ご飯を食べて、子供をYouTubeの音楽でゆっくり起こしました。

機関車トーマスが大好きで、映画のテーマソングで起きました。

ここはいちーばんあつい、です。

そのまま晩ごはんを食べてもらい、トトロを少し見て、一緒に風呂へ入り就寝しました。

 

( ̄* ̄)health( ̄* ̄)

やや眠たいのかな。寝不足です。

 

(~_~)study(~_~)

今日は、関節について勉強しよう。

関節軟骨は硝子軟骨で、表面は平滑で弾力性に富んでおり、厚さは部位によって異なるが、股関節や膝関節などでは2~4mmであります。

加齢によって厚みは減少し、黄色を帯びて不透明となり、弾力性も乏しくなります。

成人の関節軟骨には血管・神経・リンパ管はなく、軟骨細胞と細胞外器質(主にコラーゲンおよびプリテオグリカン)から構成されており、成熟関節軟骨には血管、リンパ管がないために、滑液によって関節表面から栄養を得ているとする説が多いです。

滑液は黄淡色、透明、粘稠性の高い、弱アルカリ性の液体であり、滑液の働きは関節軟骨の栄養作用、関節の衝撃の緩和作用、潤滑作用です。

関節包は外側の線維関節包と内側の滑膜からなる。

線維関節包は線維芽細胞、線維関節細胞、コラーゲン線維で形成され、骨膜の線維層と連結しており、弾力性に乏しく、関節の安定性に役立っています。

線維関節包が血液供給に乏しいため、損傷を受けると修復は遅いが、神経支配は豊富であり、有髄・無髄の神経終末が多く、固有感覚や痛覚の情報を伝達します。

滑膜は線維関節包の内面だけでなく、関節軟骨以外の関節内骨表面、関節内靭帯、滑液包の表面も覆っています。

滑膜表面には絨毛があり、滑液の分泌と吸収を行っています。

滑膜細胞の下層は毛細血管に富んだ結合組織からなり、毛細血管から血液の一部が滑液成分として通過します。

滑液の代謝物産としての老廃物は毛細血管やリンパ管を通って排泄されます。

 

(>_<)count(>_<)

日記24日目です。

スポンサード・リンク