スポンサード・リンク

(/ω\)新生児と養育者のQ&A


(;;◕ω◕;)💭question

新生児行動機構の共生発達理論とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

これによると、新生児は五つの行動下部機構を通して環境と相互作用していると提唱しています。

五つの行動下部機構とは、「生理性(自立性)」、「運動」、「覚醒状態」、「注意」、「自己調整」であり、それらは順次各々が相互に関係し、共生的に発達しています。

生理的あるいは自律的下部機構により、乳児は自律神経系機能の制御が可能となります。

乳児は運動下部機構により、運動活動、筋緊張、姿勢の制御を行います。

覚醒状態下部機構により乳児は、「深い眠り」から「泣く」までの様々な段階の意識(覚醒状態)を経験でき、さらに一つの覚醒状態から他の覚醒状態へ滑らかに変化させる事ができます。

注意的下部機構により乳児は、外環境からの刺激に対して敏活で、注目し、反応する事が可能となります。

自己調節下部機構により乳児は、他の下部機構を制御(維持)し、調整する事が可能となり、その結果、ストレスに満ちた、あるいは混乱した状況にさらされた自分を鎮めることができるようになります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

下部機構の階層的パターンとはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

生理的(自律的)下部機構は最も未熟で、最初に機能的となり、全機構の安定のための基盤もしくは核と考えられています。

それぞれの下部機構は、発達において互いに相互作用しています。

新生児は階層的に高い段階の下部機構における行動を組織化させる為に、より低い段階の下部機構が安定しなければならないです。

新生児は適切な運動制御を達成する前に、生理的下部機構を安定させなければならないです。

行動覚醒状態の調整を可能にする為には、生理的下部機構と同様に、運動下部機構と同様に、運動下部機構を安定させなければならないです。

同様に、相互作業能力を得る為に、行動覚醒状態、運動、生理的下部機構の全てにおいて安定性を持たなければならないです。

最適な自己調整は、他の全ての下部機構において適度な安定がある時にしか起こらないです。

健康な満期産児が環境との間で協調的で、滑らかで、調和が取れ、ストレスがほとんどない状態で相互作用できるのは、この行動機構複合体が成熟し、統合している結果です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

神経行動機構とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

満期前に生まれた新生児は、しばしば下部機構の一部分(または全体)に成熟と安定を欠いており、この神経行動機構を環境と適度に相互作用させる事ができないです。

下部機構の安定と制御を欠いた新生児がその下部機構での反応を要求されると、直下の下部機構に不安定徴候が現れやすくなります。

もし新生児が「不安定性」の初期徴候にもかかわらず、反応を要求され続けると、不安定性は機構の階層的発達の逆の順序で増悪しやすくなります。

これが起こると、新生児は最も低い段階である生理的不安定状態に達する危険が起こり、結果として新生児の健康や生命までも脅かすかもしれないです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

新生児の一連の典型的行動とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

このような行動は、介入に対する乳児の反応を何らかの徴候を監視することによって評価しようとする介護者に手がかりを与えます。

ストレスに対する乳児の反応が常に監視され、そして介入が乳児の行動能力に沿って計画される場合、有害な段階まで新生児に過剰なストレスがかけられる確立が最小限となります。


スポンサード・リンク