スポンサード・リンク

(°Д°)学習理論と詳細の話


「学習理論と詳細」の画像検索結果

(+o+)題名:学習理論と詳細の話

1)学習の成立に不可欠なもの

(1)動因

(2)辛がかり

(3)反応

(4)報酬

 

2)強化

種類:(1)連続強化(100%強化) 条件付けの成立が速い。

(2)部分強化 (1)に比べて遅い

強化因子:

(1)正の強化:快をもたらす(アメ)。患者の行動に適切な目標行動が出現した場合に適用し促進をはかる。

(2)負の強化:不快をもたらす(ムチ)。不適切な行動に適用しそれを除去する。

 

3)条件づけ

(1)古典的条件づけ(パブロフ):大の唾液分泌条件づけ(条件反射)

(2)オペラント条件づけ(スキナー):正の強化因子と負の強化因子による条件付けにより、望ましい適切な行動を学習させていく方法。

例)回避の条件付け、レバー押しの条件付け、弁別学習、迷路学習

 

4)反応、反射

外抑制:条件刺激と同時に他の強い刺激を与えると条件反射がおこらない

定位反射:何か新しい刺激が現れたときにみられる反射

内抑制:訓締強化を続けないと条件反射への慣れが生じて条件反射がおこらない

消去:

弁別:オペラント条件づけでよく用いられる学習課題

汎化:

分化:

 

国家試験に出そうですね。

「学習理論と詳細」の画像検索結果

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.学習理論と詳細


スポンサード・リンク