スポンサード・リンク

(´д`|||)尺骨神経麻痺の話


「尺骨神経麻痺」の画像検索結果

( 一一)題名:尺骨神経麻痺の話

●原因

開放創が多い。上腕骨顆上骨折や内上顆骨折などの骨折に合併する非開放性損傷もある。

絞扼性神経障害・・・肘部管症候群 (遅発性尺骨神経麻痺)

尺骨神経症候群(Guyon管症候群)

上腕骨顆上骨折・・・上腕骨顆上骨折などの後に成長障害をきたして肘外反角度が増強し、そのために尺骨神経に尺骨神経溝部で牽引、圧迫、摩擦などの機械的刺激が生じ、尺骨神経麻痺をきたす。

 

●症状

「低位麻痺」

小指球筋・骨間筋・環指と小枝の中様筋の麻痺と尺骨神経領域の知覚障害

小指球と骨間筋に萎縮が認められ、環指と小指はMP関節が過伸展しIP関節が屈曲し、鉤爪指変形(clawfinger)・鷲手変形(claw hand)を呈する。

小指と環指の自動運動は不可能。

フロマン徴候陽性

指の内外転運動障害。

知覚障害は手掌・手背の尺側、小指、環指の尺側半分。

 

「高位麻痺」

深指屈筋への運動枝が分枝する部位より高位での麻痺では尺骨神経の支配筋全体の麻痺と知覚障害を伴う。

低位麻痺の症状に加えて、深指屈筋麻痺の為小指と環指のDIP関節の屈曲が不可能になる。

手関節尺屈力が低下する。

「尺骨神経麻痺」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.尺骨神経麻痺


スポンサード・リンク