スポンサード・リンク

(‘Д’)5月27日月曜日の日記

((+_+))meal((+_+))

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、一平ちゃんの塩焼きそばとランチパックを食べました。

晩ごはんは、お魚と納豆ご飯を食べました。

 

(*´з`)event(*´з`)

朝の準備が終わり、家の前を掃除しました。

自転車でのんびり出勤しました。

午前中は外回りを行い、午後は病棟を行いました。

外回りでは、新規利用者の打ち合わせを行いました。

病棟では回診がありました。

回診は、あまり意味をなしてません。

仕事を終え帰宅すると長男が外で三輪車をこいでいました。

一緒にご飯を食べて、子供達をお風呂へ入れて寝かしつけました。

白い巨塔の録画を見ながらゆっくり寝てしまいました。

 

(+_+)health(+_+)

月曜はこんなもんでしょう。

 

(´・ω・`)study(´・ω・`)

今日は、心電図について勉強しよう。

心筋細胞は興奮し、収縮するときに電力を生じます。

この電気的な活動が心臓内を通過するときに外部より記録したものが心電図です。

心電図は、心筋の異常(心筋梗塞、狭心症、心筋症)、不整脈、電解質の異常、先天性・後天性心疾患、心臓病投与剤の効果および副作用の診断または判定に利用ができ、しかも患者に苦痛を与えないので、循環器系では一番最初に行う検査です。

電気的活動は心筋内では、洞房結節→心房筋→房室結節→ヒス束→脚枝→プルキンエ線維→心室心筋と伝搬されます。

実際の心電図は、体表面2点間における電位差として記録されます。

以下の12誘導が一般的な心電図の誘導方である。

①標準肢誘導:Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ誘導

②単極肢誘導:aVr、aVl、aVf誘導。不関電極は右足首(黒)に装着

③単極胸部誘導:V1~V6誘導。導子装着部位の下の心筋電位をみる

です。

 

(*_*;count(*_*;

日記69日目です。

スポンサード・リンク