(^з^)-☆11月8日金曜日の日記

(-_-)meal(-_-)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、カップ焼きそばとおにぎりを食べました。

晩ごはんは、シチューを食べました。

 

(ToT)event(ToT)

今日は、長男がインフルエンザの予防接種へ行きます。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

外回りは、ほどよくキャンセルが入ってきました。

帰宅すると家族でご飯を食べました。

子供達をお風呂へ入れて寝かしつけました。

体調が徐々に崩れて来ています。

 

(^O^)health(^O^)

ちょっとしんどいかな。

 

(・o・)study(・o・)

今日は、膀胱と神経支配について勉強しよう。

膀胱に分布する遠心性線維には、交感神経線維と副交感神経線維があります。

ここでの交感神経の節前線維は、胸髄下部と上部腰髄(L1~L2, T11~T12)から起こり、上下腹神経叢を作った後、下腹神経となり、下下腹神経層を経て膀胱神経層に達します。

分担解剖学によると、膀胱神経叢内の神経節でニューロンを交代し、その節後線維は排尿筋と膀胱括約筋に分布します。

主として排尿筋の弛緩に関係しています。

膀胱括約筋に対してはその収縮に働いています。

また、副交感神経の節前線維は、第3から第4仙髄から起こり、骨盤内臓神経を経て膀胱神経節に達して節後線維となり、排尿筋と膀胱括約筋に分布します。

これは特に排尿筋の収縮に働き、さらに膀胱括約筋の弛緩に働いています。

尿道括約筋には、体性神経である陰部神経が、仙髄(S2~S4)から出発し、そのまま到達します。

膀胱壁からの求心性線維は、大部分が骨盤内臓神経と走行をともにし、第3から第4仙髄へと入ります。

一部の線維は、交感神経とともに走ります。

陰部神経の知覚線維は尿道粘膜などに分布します。

 

(・。・)count(・。・)

日記234日目です。