スポンサード・リンク

(о´∀`о)停留精巣の話


「停留精巣」の画像検索結果

精巣(精巣)は胎生期に腹腔から下降して陰嚢内にはいるが、この下降経路の途中で腹部や鼠径部に停止している状態を停留精巣(精巣)という。停留精巣の発生頻度は未熟児において最も高く約30%、満期新生児では4%で、1歳までに下降するものも多く、成人では0.3%程度にみられる。原因として性腺刺激ホルモン障害が考えられている。

病態アセスメント

 停留精巣が両側性の場合は性腺刺激ホルモンの投与も行われる。1~2歳まで待って下降しなければ手術的に精巣(精巣)固定術を行う。移動性精巣は経過観察をする。成人では停留精巣自体が萎縮していることが多く、また、癌の発生率も高いので精巣摘除術をすることが多い。

症状

 両側性の場合は陰嚢に膨らみがなく、片側性の場合は膨らみに左右差がある。

検査

  • 触診
  • CT
  • 超音波

治療

 1.外科的治療

精巣固定術

 2.薬物治療

性腺刺激ホルモンの投与→看護は「ホルモン療法を受ける患者の看護」を参照。ただし、患者は幼少のため内服の必要性を理解しにくいことがあるということを考慮する。

看護計画(精巣固定術・術前)

Ⅰ.病態アセスメント(精巣固定術・術前)

 全身麻酔で手術が行われるため、全身の評価が必要である。患者のほとんどは3~6歳位のため、対象にはキーパーソンも含める必要がある。

看護計画(精巣固定術・術後)

Ⅰ.病態アセスメント(精巣固定術・術後)

 この手術は血管を伸ばしてくるため過度な運動、冷却にて血行障害をきたし精巣が壊死に陥ることがある。また、患者は幼少のため安静度に対する苦痛が大きく、痛み、睡眠障害に対する苦痛も大きい。また、それらの苦痛に耐える患者を見守る家族の心境も考慮しなければならない。

「停留精巣」の画像検索結果


スポンサード・リンク