スポンサード・リンク

(´∀`)呼吸機能障害の話


呼吸機能障害というものをよりよく理解するためには、できるだけ慢性的内科的状態の把握が必要とされる。

呼吸機能障害は主に閉塞性換気障害と拘束性換気障害に分けられる。

ここで違いについて述べる。

閉塞性換気障害とは、気道に何らかの閉塞がおこり気流が妨げられているもので、閉塞の部位が上気道に原因があるものと、下気道に原因があるものに分けられる。

上気道では異物吸引、急性喉頭炎、ジフテリア、喉頭痙攣、声門水腫、喉頭腫瘍、喉頭筋麻痺などである、下気道では、慢性気管支炎、汎細気管支炎、慢性肺気腫、気管支喘息などである。

閉塞性換気障害では、1秒率は低下(70%以下)するが原則的には肺や胸郭の拡張が妨げられることはないので、%VCは正常(80%以上)である。

病態としては、気道に閉塞が起こるため換気が制限され肺胞低換気の状態にある。

また気道抵抗が増加して非弾性仕事量が増大し、さらに酸素消費量を増す悪循環を生じる。

多くの場合拡散やV/Q適合や血流の異常により低酸素血症呼吸不全を伴っており、呼吸率をさらに低下させる。

拘束性換気障害とは、肺の拡張が何らかの原因で拘束されるもので肺に原因があるものと、肺外に原因があるものに分けられる。

肺に原因があるものでは、慢性びまん性間質性肺疾患、肺炎、肺結核症、肺癌、肺切除、肺うっ血、肺水腫などである。

肺外に原因があるものは胸郭、胸膜、横隔膜の3つの部位に分けられ、胸郭に原因があるものは脊柱後側彎症、胸郭成形、強直性脊椎炎、外傷などがある。

胸膜に原因があるものでは、胸水、胸膜肥厚、気胸、胸膜腫瘍などがある。

横隔膜に原因があるものでは、横隔膜麻痺、妊娠、高度の肥満などである。

拘束性換気障害では肺活量の減少(%VCが80%以下)があるが、原則的には気道に病変がないので、1秒率は正常(70%以上)である。

病態としては、種々の原因によって換気運動の制限されることによる肺胞低換気状態になる。

肺や胸郭のコンプライアンス(肺や胸郭の拡がりやすさ)が低下して特に吸気方向の弾性仕事量が増大する。

これらのためADLなどの身体運動への酸素供給がますます不足する。


スポンサード・リンク