スポンサード・リンク

( ´∀`)神経性大食症の話


「神経性大食症」の画像検索結果

発作的に繰り返される過食と体重のコントロールに過度に没頭することが特徴である。

神経性無食欲症の経過中に過食になる場合もあるが、最初から過食をもって、神経性大食症が発症することもある。

信じがたいほど大量の食事をとり、食物だけでなく飲み物を大量にすることもある。

このような、無茶食い、暴食発作が特徴的である。そのため、肥満への恐れを抱き下剤の乱用や自己にて嘔吐誘発を促すこともある。

の年齢の分布と性別は神経性無食欲症に似ているが、発症年齢はやや高い傾向にある。

もちろん、このような発作は一定程度健常者にもみられる。

試験などの急激なストレスが加わると、ついおやつに手が出たり、あるいは持続的なストレスにさらされている主婦が過食傾向を呈することがあり、その裾野は広いといえる。

神経性大食症のほうは患者自身が困り、また治療意欲も無食欲症に比べると若干高いといえるが、両者が混合する場合には治療は困難である。

また、この両者、特に神経性大食症ではのちにうつ病に移行する場合があり、ちょうどアルコール依存症の多くがうつ病を併発するように、類似した心的機制があるのではないかとも考えられる。

神経性大食症の良い勉強になりました。

「神経性大食症」の画像検索結果


スポンサード・リンク