スポンサード・リンク

(///∇///)ハンセン病の話


(#^.^#)題名:ハンセン病の話

ハンセン病は、細菌によって引き起こされる慢性感染症である。

切断は最終的な結果であるが、損傷や感染症で、基本的な日常活動中に自分の手と足を損傷します。

ハンセン病の初期の兆候と症状は、病気に対する患者の抵抗に応じて大幅に異なる。別の病気と間違わ​​れることがあります。

ハンセン病は非常に伝染性である。

実際には、ほとんどの人がハンセン病細菌に対する自然免疫を持っている。

影響されやすい人のために、感染した人の密接な接触は推奨されません。

変形の主な原因は、神経の損傷である。

新しいハンセン病のかなりの数を報告する国では、コンゴ、エチオピア、ネパールがあります。

 

最初の兆候は皮膚にできる斑点で、患部の感覚喪失を伴います。

感染経路はまだはっきりとはわかっておらず、治療を受けていない患者との頻繁な接触により、鼻や口からの飛沫を介し感染するものと考えられていますが、ハンセン病の感染力は弱く、ほとんどの人は自然の免疫があります。

そのためハンセン病は、“最も感染力の弱い感染病”とも言われています。

初期症状は皮膚に現れる白または赤・赤褐色の斑紋です。

痛くも痒くもなく、触っても感覚の無いのが特徴です。現代では特効薬も開発されており完治する病気です。

治療をせずに放置すると身体の変形を引き起こし障害が残る恐れもありますが、初期に治療を開始すれば障害も全く残りません。

(^_-)参考文献

医療学習レポート.ハンセン病


スポンサード・リンク