スポンサード・リンク

(^∇^)帯状疱疹の話


(´д`)題名:帯状疱疹の話

一定の神経支配領域に一致して帯状に配列し、神経痛のような痛みが伴います。

男女差はなく、子供はまれです。

誘因として考えられるものは、ストレスや老化、外傷、悪性腫瘍などの疾患や、免疫抑制薬や放射線療法などもあります。

最初に見られる痛みは、左右どちらかの強い痛みが多いです。

そして、発熱、頭痛、疲労などを伴ってきます。

後遺症も生じることがあり、気になる点があれば最寄りの医療機関に受診しにいきましょう。

 

帯状疱疹とは、水ぼうそうを起こす水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することで生じる感染症です。

ウイルスが再活性化する原因はわからないことが多いのですが、病気や薬剤によって免疫機能が低下したときに起こる場合があります。

帯状疱疹では痛みを伴う水疱が皮膚に出現し、患部に慢性痛が生じることもあります。

典型的な水疱が皮膚に帯状に現れた場合は帯状疱疹の診断が下されます。

60歳以上の人に水痘ワクチンや帯状疱疹ワクチンを接種することが帯状疱疹の予防に有効です。

水疱が生じる前に抗ウイルス薬を投与し始めれば、症状を緩和し、早く治すのに有効ですが、オピオイド系の鎮痛薬が必要となることもよくあります。

(´;ω;`)参考文献

医療学習レポート.帯状疱疹


スポンサード・リンク