スポンサード・リンク

(///∇///)放射線療法と脳腫瘍患者の話


( `ー´)ノ題名:放射線療法と脳腫瘍患者の話

適応

 可能なかぎり手術的に摘出し、小病巣に対して放射線を照射したほうが感受性が高く、治癒率が高い。放射線と抗癌剤の併用療法も行われる。放射線の適応があるのは次の場合である。

 (1)手術によって完全に摘出できず、取り残しがあると思われる場合:

大部分の多形膠芽腫、星細胞腫、乏突起細胞腫、脳室上衣腫、下垂体腺腫

 (2)切除不可能なもの:

脳幹部、運動領域、前頭葉の腫瘍で、手術によって重大な機能の欠落や生命の危険が生じるもの(松果体腫、小脳髄芽腫)

 特殊な方法として、小脳髄芽腫、脳室上衣腫、松果体腫では腫瘍細胞の播種を予防する目的で、全脳照射や全脊髄腔照射が行われる。癌の転移に対しても全脳照射を行う。

感受性

 (1)グリオーマ

ほとんど全ての症例が低感受性をもち、放射線治療の適応とならない。ただし、膠芽細胞腫のみは非常に高感受性で、放射線治療の適応となるが、腫瘍の性質は悪性である。

 (2)髄膜腫

低感受性で、手術を用いるべきである。

 (3)松果体腫瘍

高感受性で放射線治療の適応であるが、純粋な胚芽腫以外は予後は不良である。

 (4)下垂体腫瘍

良性のもののほとんどが中高度感受性を有する

 (5)網膜芽細胞腫

高感受性で放射線治療の適応であるが、手術の併用も行われる。

 (6)脊索腫

感受性は極めて低い。

 (7)転移癌

中等度感受性である。

照射方法

 (1)全中枢神経系照射

 脳脊髄液を介してクモ膜下播種をきたしやすい髄芽腫が主な対象で、多くは眼を遮断した左右対向2門による全頭蓋腔への照射と、後方からの脊髄腔全長にわたる照射である。側方からの照射は、前、中頭蓋底を外さないように工夫した遮蔽ブロックを使用し、通常第2頸椎下縁までを含める。脊髄に対しては、照射野の継ぎ目に重なりや間隙を生じないように、日によって継ぎ目の位置を変えるなどの工夫が必要である。松果体腫や上衣腫にも本法を適用する場合がある。

 (2)大~中照射野照射  浸潤性の悪性膠腫などでは、推定される進展範囲より広く照射する必要がありその極限が全頭蓋腔照射である。膠芽腫、リンパ腫、転移性脳腫瘍などがその対象となる。大線量を必要とする組織型では、正常脳組織の耐容線量を考慮して、40~50Gy以後順次照射野を縮小する。比較的浸潤傾向の少ない腫瘍では、十分に余裕をもった中照射野で多門ないし運動照射法を使用する。

 (3)小照射野照射  下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫など組織学的に良性で、進展範囲を確立しやすい腫瘍では、小照射野(6×6cm以下)の多門または運動照射により、正常組織の障害軽減を図る。頭部照射では、シェル(固定用の装具)を一人一人の患者に作製して治療を行うことにより、顔などの外からよく見える部位へのマークに対する患者の精神的負担を軽減する。また、毎回の再現性を維持すると同時に治療中の動きを数mm以下に抑えることができる。

照射線量

 線量決定には治療効果と同時に、正常中枢神経系組織の耐容量を考慮しなければならない。一回の線量は1.8Gy~2Gyで週5回行う。中枢神経腫瘍の放射線感受性は多岐にわたっており、また他の部分の腫瘍のような進展度分類も確立されておらず、さらに脳腫瘍における治療効果判定の困難性も加わって、至適線量を一律に規定することは難しいが、膠芽腫で60~65Gy、星細胞腫で50~60Gy、上衣腫・髄芽腫で50Gy、下垂体腺腫で40~50Gyをすすめており、一応の基準と考えられる。

副作用

 全身的には放射線により全身倦怠感、食欲不振、悪心などの放射線宿酔症状がおこりやすい。放射線宿酔の発生機序は、放射線による化学反応の過程で、過酸化物質が多量に発生し、肝臓で処理される。肝臓自体が疲弊に伴い、宿酔症状を呈する。さらに血流中に存在する炎症細胞(白血球)よりヒスタミン系物質の遊離によりアレルギー性症状を呈することで宿酔症状が起きる。宿酔症状には、過酸化物質の蓄積とヒスタミン系物質の両者が関与すると言われている。放射線に対する不安感が強い人も起こりやすい。頭部照射であるため、照射開始後早期には、照射をうけた脳脊髄組織が浮腫状に変化し、脳脊髄液が増加し、その結果脳圧が上昇する。そのため嘔気、嘔吐、頭痛など照射に伴う脳浮腫による一過性脳圧亢進に起因すると考えられる症状が20~30Gy未満で起こる。照射野には放射線により皮膚の細胞の障害で発赤、掻痒感などの放射線皮膚炎が起こりやすい。また毛根上皮障害による脱毛が20~30Gyで起きる。放射線治療開始から数カ月ないし数年の潜伏期を経ておきる重篤な障害として、晩発性放射線脳壊死がある。(その発生機序は明らかではないが、主として放射線による血管障害に二次的な現象と考えられる。)

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 頭部照射はマーキングをシェル上で行うため、照射野を患者・看護婦ともに見落としやすい。そのため予防行動がとれずに皮膚炎を起こしやすくなったり、皮膚炎の発見が遅れてしまうことがあるため、治療の早期から皮膚症状や脱毛状態を把握していく。また放射線により、脳浮腫を起こし、頭蓋内圧亢進症状がおこる。バイタルサインや症状の観察を行う。また頭蓋内圧亢進症状による嘔気、嘔吐などで低栄養状態をきたすことがあるので、食摂取量の把握や体重の変化、血液データにも着目する。
また、初めて放射線治療を受ける患者は、放射線に対して誤解と偏見に満ちたものであることも少なくない。そのため、治療に対して不安や恐怖をもつ。治療に対する思いや不安を早期に把握することが大切である。さらに治療が進むにつれて、照射野にあわせて脱毛が起こることにより、ボディーイメージの変容に対する精神的ショックが大きく、副作用出現に対する不安をもちやすいので、不安の把握や不安に起因する身体症状の観察も行っていく。さらに放射線療法が終了しても、放射線の影響や再発などに対しても不安をもつことがあるので、患者や家族のこれらに対する思いの把握を行う。

(´◉◞౪◟◉)参考文献

医療学習レポート.放射線療法と脳腫瘍患者


スポンサード・リンク