スポンサード・リンク

(^∇^)胆石症の話


「胆石症」の画像検索結果

( ^)o(^ )題名:胆石症の話

胆石症とは

 胆管・胆嚢・総胆管内に結石が生じることをいう。結石の存在部位により、胆嚢胆石(75%)、胆道胆石(20%)、肝内胆石(5%)と呼ばれる。
胆石には種々の成分が含まれるが、その主成分に従って、コレステロール結石、ビリルビン結石、カルシウム結石、脂肪酸結石等に分類され、コレステロール系結石が全体の70~95%を占める。40歳代より多くなり、若年女性ではコレステロール結石が、高齢者ではビリルビン結石が多く男性の比率が高い。

病態アセスメント

 胆石は健康成人でも4~5%が保有しているとされ、精神的・肉体的過労や脂肪性食物の過食などの誘因で発症する。そのため患者の日常生活のなかに胆石症の発生に関与する因子がないか、不適切な保健行動をとっていないかを知る必要がある。

症状

 胆石の症状は疝痛発作と呼ばれる右季肋部痛から自覚することが多いが、無症状のことも多い。胆管炎を起こすとCharcotの三徴候といわれた、疝痛、黄疸、発熱を伴う悪寒・戦慄を生ずるが、現在これが揃って出現することは稀である。

1.右季肋部・心窩部痛(疝痛発作)、右肩・右背部への放散痛

2.悪心、嘔吐

3.間欠熱、黄疸

4.右季肋部の圧痛、筋性防御

検査

  • 腹部超音波検査
  • ERCP
  • PTC
  • DIC
  • CTスキャン
  • 血液生化学検査

治療

 1.手術療法

 手術の危険がないかぎり、無症状の患者(Silent Stone)にも適応される。開腹的に行う場合と腹腔鏡下で行う場合とがある。

胆嚢胆石:胆嚢摘出術

胆道胆石:総胆管切開術、乳頭切開(形成)術、肝切除

 2.保存的療法

 結石溶解療法(ケノデオキシコール酸の経口投与)

看護計画(術前)

Ⅰ.病態アセスメント(術前)

 胆石症患者のうち、疝痛発作をはじめとする臨床症状を呈する割合は30~50%にすぎず殆どの患者は無症状に終わることが多い。このようなSilent Stoneの患者に手術を適応する(納得させる)には、以下のような理由である。胆嚢癌の患者に胆石を有する頻度が高い、胆石の大きさが2cmを超えると急性胆嚢炎を起こしやすいこと、精神的・肉体的過労や食事摂取の誘因で発症しショックに陥る危険性もある、というものである。
手術は、開腹的に行う場合と腹腔鏡下で行う場合があり、最近では後者が80%の割合をしめており、術後侵襲が少ない。しかし、いずれにしても全身麻酔下で手術が行われるため、全身状態の評価は必要であり、疝痛発作への対処、また術式決定のための術前検査が侵襲の大きいものがあり、それらへの援助が必要となる。

標準看護計画(開腹的胆嚢摘出術後)

Ⅰ.病態アセスメント(開腹的胆嚢摘出術後)

 開腹による胆嚢摘出術は、Tチューブやドレーンの留置に伴い感染の危険性、疼痛、安静度の制限が強くなるといえる。

看護計画(腹腔鏡下胆嚢摘出術)

Ⅰ.病態アセスメント(腹腔鏡下胆嚢摘出術)

 腹腔鏡下胆嚢摘出術は最小の創で胆嚢を摘出するため、創痛が少なく、腹壁筋肉の切開が極めて少なく術後の運動能力の低下がほとんどないため、術後の合併症の併発が少なく入院期間が短いということがあげられる。一方で腹腔鏡下胆嚢摘出術後患者は、術後長期経過をもつケースがないため課題を残すといえる。しかし、侵襲の少ない術式であることにはかわりはなく、全身麻酔下で行うということ以外は術後の回復は虫垂切除術相当であるといわれている。

「胆石症」の画像検索結果

(*´з`)参考文献

医療学習レポート.胆石症


スポンサード・リンク