スポンサード・リンク

(//∇//)脳卒中と装具の話


(・_・;)題名:脳卒中と装具の話

「脳卒中治療ガイドライン 2009」において、装具を用いた早期からの立位歩行訓練が推奨グレードAと認定された。

また麻痺が重度の場合、長下肢装具(以下 LLB)を用いた起立・歩行訓練が推奨されている。

治療用装具のコンセプトとして荷重連鎖の重要性が報告されている。

ICにおいて発生する足関節底屈モーメントは、①床反力ベクトルが足関節の後方を通る、②踵と床の接点は足関節の後方である、の 2 点によって発生する。

下肢装具療法の目的は、麻痺側下肢の関節運動の自由度を制約し動作を単純化することで、再現性の高い運動を可能にするという点にある。

これを脳卒中片麻痺患者の歩行動作練習で考えると、膝関節の運動自由度の制限により股関節伸展位の保証と、足関節および股関節の運動性の学習を進めること。

歩行分析の方法としては、歩容の観察、歩行速度など臨床場面で可能な検査測定を基にしたものと、3 次元動作解析機器、床反力計などの機器を用いたより詳細なものがあり、臨床場面においては機器を用いた研究報告などを参考に、臨床において観察された内容を運動力学的観点から捉え分析することが多い。

長下肢装具の自由度制約の変更においても同様の傾向にあり、膝継手の制御を解除した状況での歩行状態は安定している。

(^_-)参考文献

篠原幸人・他:脳卒中合同ガイドライン委員会,脳卒中ガイドライン2009.協和企,2009

石神重信・他:脳卒中下肢装具の効果的アプローチ.臨床リハ, 2010,P943-949

山本康一郎:脳卒中片麻痺に用いる装具の特徴と運動療法実施上の注意点─義肢装具士から見たポイント.PT ジャーナル,45(3),2011,P193-199

Kirsten Gotz-Neumann:観察による歩行分析.月城慶一・他(訳).医学書院,2005,P47

才藤栄一・他:運動学習からみた装具-麻痺疾患の歩行練習において-.総合リハ38:545-550,2010

吉雄雅春・他:運動療法学各論.140-141,2010

濱本龍哉:脳卒中片麻痺患者の歩行分析法.PT ジャーナル37:17-19,2003

河津弘二・他:長下肢装具による脳卒中片麻痺患者の運動療法の取り組み.PT ジャーナル45:209-216,2011


スポンサード・リンク