スポンサード・リンク

(///∇///)脳梗塞と脳血栓の話


「脳梗塞と脳血栓」の画像検索結果

(*´з`)題名:脳梗塞と脳血栓の話

脳梗塞は、脳血管が閉塞し、その灌流領域にある脳組織が壊死に陥った病態である。

本症の成因としては、脳血栓症、脳塞栓症、脳出血に続発するもの、各種動脈炎などがあげられる。

しかし、アテローム硬化症を伴った脳血栓症がその大部分を占めている。

 

この脳血栓症は、脳動脈のアテローム硬化による血管内腔の狭窄によって、血栓形成が起こると考えられている。

脳梗塞の症候は、前駆症状と脳組織壊死に基づく症候と障害部位における局所症状からなる。

本症の前駆症状として、一過性脳虚血発作(TIA)が半数にみられる。

 

すなわち、一過性の片麻痺、四肢しびれ、構音障害が1~2ヵ月前から起こる。

脳梗塞が起こると、突然、片麻痺を伴う意識障害、すなわち脳卒中発作を起こす。

本症は症状の悪化と改善を繰り返し階段的に進行するのが特徴とされている。

 

脳梗塞の像はCT検査で脳の一部の低吸収域として認められる。

普通、髄液は清澄である。

本症の神経症状は梗塞の部位と大きさによって異なる。

 

内頚動脈または中大脳動脈閉塞では、意識障害、片麻痺、知覚鈍麻、同名半盲などがみられる。

前大脳動脈閉塞では、片麻痺、下肢知覚障害、筋硬直、不随意運動、記憶障害などが起こる。

後大脳動脈閉塞では、半身の感覚麻疹、自発痛、不全片麻痺、不随意運動、同名半盲、小脳失調などの症状を示す。

椎骨動脈閉塞では、ワーレンベルグ症候群を示す。

脳底動脈閉塞では、昏睡、弛緩性四肢麻痺、小脳失調、ホルネル症候群、構音障害、半身の感覚障害などの症状を示す。

 

ワーレンベルグ症候群:後下小脳動脈の閉塞による急性卒中球麻痺症状、同側喉頭口蓋麻痺による嚥下および発語障害、同側顔面の知覚消失、同側の運動失調、同側のホルネル症候群、反対側半身知覚麻痺などをきたす。

ホルネル症候群:同側の眼瞼下垂、眼球陥没、縮瞳、発汗欠損がみられ、交感神経の圧迫症状である。

「脳梗塞と脳血栓」の画像検索結果

( 一一)参考文献

医療学習レポート.脳梗塞と脳血栓


スポンサード・リンク