スポンサード・リンク

(*´∇`*)変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症の話


「変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症」の画像検索結果

(~o~)題名:変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症の話

頭部の環軸関節は回旋運動に大きく関与し、頚椎の回旋運動の約半分を受け持っている。

軸椎以下では頚椎椎間関節は主に頚椎の前後屈に関与するが、左右屈、回旋運動にも関与する。

頚椎の矢状断での可動域は、C5-6椎間がもっとも大きい。

C6-7、後頭骨-C1、C3ー4、C4-5椎間と、可動域は減少する。

したがって、この椎間関節の変形性変化も、前方の椎間板の変性に伴って可動域の大きな部位から生じやすい。

頚椎の椎間板、椎間関節はその良好な可動性のため加齢とともに退行変性を起こしやすく、一方、頚部脊柱管は頚髄との間隙に十分な余裕がないので、その狭窄は頚髄およびその神経根の圧迫を招きやすい。

本症は頚椎の反応性骨増殖と椎間板などの退行変性によって生じる骨棘により頚髄や神経根を圧迫し、発症する。

40歳代以上の男性に多くみられ、大部分は神経根症状でなく脊髄症状を呈する。

*神経根症状

圧迫に伴う神経根刺激症状としては、上肢のしびれ、放散痛、感覚異常(後根)、筋の線維束攣縮がある。

神経脱落症状、麻痺症状としては、感覚鈍麻、脱失および上肢の脱力、筋萎縮がみられる。

*脊髄症状

下肢腱反射充進、痙性歩行障害などの痙性麻痺および神経因性膀などである。

「変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症」の画像検索結果

(^o^)参考文献

医療学習レポート.変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症


スポンサード・リンク