スポンサード・リンク

(´∇`)子宮筋腫の話


「子宮筋腫」の画像検索結果

( `ー´)ノ題名:子宮筋腫の話

 子宮の筋組織から発生する良性腫瘍である。原因は不明であるが、エストロゲンが腫瘍の増大に関係していると考えられている。発生部位別では子宮体部に発生する子宮体部筋腫、子宮頚部に発生する子宮頚部筋腫、子宮膣部に発生する子宮膣部筋腫がある。さらに発育方向別では、漿膜下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫に分類される。同じ大きさでも発生部位の違いにより症状は大きく変わる。30~50歳の婦人で、未産婦に多い。

病態アセスメント

 子宮筋腫は30歳以上の女性の2~3割程度に認められる婦人科疾患であるが、大きさや発生部位により、比較的無症状で経過することが多く癌検診などの際に偶然に発見される場合が多い。治療前は不正出血などの症状に注意し、術後は女性性機能の喪失感などの心理的側面をサポートするとともに、観察していくことが大切である。

症状

 筋腫が小さい間は無症状で経過することが多い。

 1.過多月経、過長月経、月経困難症(特に、粘膜下筋腫に多い)

 2.不正性器出血、頻発月経

 3.筋腫による圧迫症状

膀胱、尿管、腸管を圧迫し、下腹部痛、腰部痛などの疼痛や頻尿、排尿困難、便秘などの排泄障害が現れる。

 4.過多月経による慢性失血性貧血(鉄欠乏性貧血)

 5.不妊、流早産を招きやすい。

検査

  • 触診(内・外診)
  • 超音波検査
  • CT
  • MRI
  • 子宮頚部頚管擦過細胞診
  • 子宮内膜細胞診
  • ヒステロスコピー
  • 腫瘍マーカー(癌との鑑別)、等

治療

 閉経後、子宮筋腫は徐々に退縮の傾向をとる場合が多いため、比較的小さく無症状のものなどは、定期検診にて経過観察をする。

 1.手術療法

適応

1)子宮が手掌大以上の大きさである

2)出血による貧血が重い

3)著明な圧迫症状がある

4)妊娠障害がある

5)筋腫の増大が急速で悪性が疑われる

 ・根治手術: 単純子宮全摘出術(腟式または腹式)

 ・保存手術: 筋腫核出術(妊娠、分娩を希望する婦人を対象とする)

 2.薬物療法

術後の経過と管理

 1.精神的サポート

 子宮全摘出術を受ける患者の不安は子宮喪失に対する不安、手術そのものへの不安手術後や退院後の性機能喪失の予期的不安がある。不安の内容や程度、表出の仕方など個人によって異なるが、精神的、身体的、社会的側面から統合した情報で患者各人の訴えを判断する事が大切である。

 2.疼痛の管理

 手術後の疼痛は、手術方式、麻酔法によって異なり、また、個人差が大きいが、患者に我慢させず、十分に疼痛をやわらげるべきである。最近では、手術後に硬膜外カテーテルから持続的に麻酔薬を注入することにより効果的な除痛が図られている。

 3.呼吸器系の管理

 疼痛による呼吸運動の抑制、痰の喀出不良が原因で、術後、無気肺になる可能性がある。

 4.循環器系の管理

 心血管系に負担がかからないように十分な除痛が望まれる。

 5.創の処置

 手術創をよく観察する。(発赤、離開の有無等)

 6.輸液と尿の管理

 子宮頚前壁の膀胱はく離操作で膀胱にはく離創が生じ、血尿を生じることもある。留置カテーテルで持続導尿を行い、膀胱充満を防ぎ膀胱の安静を保つことで軽快する。

術後合併症

 1.術後出血

腹腔内出血: 外出血がなく血圧低下、貧血増強、頻脈、下腹部膨隆がみられる。

出血: 出血が多量であれば断端部からの出血、あるいは核出部位からの出血が考えられる。

 2.術後イレウス

腸管麻痺が3~4日続き、腹鳴、排ガスもない場合、腹部膨満の増強、嘔気、嘔吐、腹痛などの症状がみられる。

 3.肺合併症

長時間の麻酔の影響で気道分泌物が増加する一方、喀痰の粘稠度が増し、創痛のため十分に痰の喀出ができないなどで痰が貯留し、無気肺から肺炎を併発しやすい。

看護計画(術前)

Ⅰ.病態アセスメント(術前)

 子宮筋腫と診断され手術を受ける患者は、手術そのものに対する不安はもちろん、手術時の麻酔や術後の疼痛に対する不安が強い。また、手術によって女性性の喪失感に起因する様々の問題を抱えることも一般に指摘されている。一方、子宮筋腫は、成熟期後半から更年期にかけてが好発年齢である。この年齢は、生殖機能とそれを支える内分泌機能の加齢的変化によりライフステージによって変化する障害がある。また、生殖器疾患であることから受診の遅れや中断による病態の悪化、疾患に対する価値の多様性、疾患そのものが発達課題の達成や自己実現に大きく影響するという特徴がある。

看護計画(術後)

Ⅰ.病態アセスメント(術後)

 子宮筋腫の手術後は、摘出する臓器が生殖器であるため手術が生命の危機に及ぶことは少なく術後の回復が早い。しかし、子宮の摘出は女性にとって大きな精神的ダメージを与えるものであり、退院後の性生活の不安を軽減するような十分な指導が必要である。

「子宮筋腫」の画像検索結果

(*´з`)参考文献

医療学習レポート.子宮筋腫


スポンサード・リンク